profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
Back for the Future:インプラント治療の将来を原点に立ち返って見据える

4月15日(日)第35回日本臨床口腔外科医会研修会を新宿の

 

JR東京総合病院講堂にて開催しました。

 

春の嵐で横殴りの雨にも関わらず80名近い参加者がありました。

 

 

 

会長の大枝 直樹先生が会の成り立ちや、東京での開催に至った

 

経緯、会の活動状況、特に、東日本大震災の遺児への奨学金を

 

給付するみちのく未来基金への日本臨床口腔外科医会の協賛

 

について説明されました。  その後講演会が始まりました。

 

 

 

 

今回の研修会は、ややもすると商業主義に走りがちな歯科

 

インプラントの現状を省みて、オッセオインテグレーションが

 

発見された後、多くの医学的な基本ルールの上に、確実性の高い

 

インプラント治療が確立された事実を、再度周知することが

 

目的でした。

 

 

 

 

午前中の講師はUCLAの客員教授や東京医科歯科大学臨床教授も

 

努められている、銀座UCデンタルインプラントセンター所長の

 

菅井 敏郎先生です。 先生はもちろんこの会の理事でも

 

あります。

 

インプラント手術をより安全に行うための要点を、非常に簡潔に

 

まとめてお話下さいました。 先生の膨大な臨床経験に立脚した

 

貴重なお話でした。

 

 

 

 

チタンが骨と結合する事を発見したブローネマルク教授の

 

推挙で、世界でスエーデン以外では初めてになるインプラント

 

専門の診療施設を東京で開設された、ブローネマルク・

 

オッセオインテグレーション・センター所長の小宮山 彌太郎

 

先生が午後から講演して下さいました。

 

僭越ながら、私が司会を務めています。

 

どの様な医療技術の習得も、徹底した基本技術の習得無くしては

 

無しえない事、技術の王道は常にその延長線上で達成される

 

ことを、小宮山先生の貴重な経験から詳しくお話頂きました。

 

小さいことを、確実に成し遂げることを繰り返す努力、

 

十分な基礎力を身に着けた者のみ、自分なりの考えで少し上の

 

段階に挑戦することが可能になる。  インプラントは外科技術

 

、解剖、生理、補綴力学の全てを完璧に習得しなければならない

 

強調されています。

 

小宮山先生はオーソドックスではあるが確実性(予知性とも言

 

われています)の高い、患者さんにとって安全で最高に有益な

 

インプラント治療を提供することに強い使命感をお持ちです。

 

 

 

 

講演会が終わってからの一枚です。 この中の3名以外は前期

 

高齢者です。  皆それぞれ健康に気を付けながら、日々精進を

 

欠かさない様努力されているのだと思います。  異口同音に口

 

から出たのは、「患者さんに生かされているのが我々だ」と言う

 

言葉でした。  役員の皆とは30−40年の付き合いです。

 

私は今朝の嵐と雨で、髪がツバメの巣状態のままですが、明日

 

からも患者さんに生かせてもらおうと皆で撮った一枚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オランウータンと仲良し?

一時帰国中の孫たちに、タイのある動物園へ行った時の写真を

 

見せてもらい、その中に驚きの一枚がありました。

 

園内をオランウータンと散歩している飼育員がいて、

 

孫達が近寄ると、「一緒に遊んでも良いよ」と言われ、恐れを

 

知らない子供たちは、オランウータンと並んで、写真を

 

撮ったそうです。

 

 

 

これがその一枚です。  放し飼い状態のオランウータンに

 

恐る々々近寄る子供と、後から腕を掴む子供、幾ら人に慣れて

 

いるとは言え、何かあったらと思うのが普通の大人の感覚です。

 

昔私は実験用のアカゲザルと日本猿を飼育した経験があり、

 

野生猿の強さを良く知っている積りです。 あの大きな手を

 

振り回されたら、子供なんぞは大怪我間違いなしです。

 

これも国情の違いと言うか。自己責任の度合いの違いと言うか、

 

環境によって自ら危険を回避する術を学んでいるのでしょうか?

 

日本の安全基準の高さを改めて認識すると共に、日本人が

 

海外で余りにも無防備であることも反省しなければならないと

 

思います。

 

因みに、その飼育員から一人30バーツ(約100円ほど)の

 

撮影料(飼育員のお小遣い)を請求されたことは言うまでも

 

ありません。

医療法人IDC | 思いつくままに | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第21回阪神摂食嚥下研究会:胃瘻から経口へ

口から食べることを、多職種の者が連携して支えることを目的

 

に、設立された北摂地域を中心とした阪神摂食嚥下研究会も、

 

21回目を迎えました。

 

前回に引き続き、各自が取り組んでいる症例を皆で検討する、

 

場を設定しました。

 

 

事務局を担当されている伊丹市の小屋歯科医院 院長 

 

小屋 経寛先生が、摂食嚥下障害やターミナルケアへの歯科

 

の取り組みと、医学的な理論的根拠を分かり易く解説され

 

ました。歯科医師は訪問歯科診療で単に歯の治療や、入れ歯

 

の作成を行っているのでは無く、口や舌の機能を総合的に回復

 

する方法や経口の限界、胃瘻やその他の経管栄養との併用の

 

微妙な判断に携わっていることをお話されました。

 

 

 

 

出席者は医師、歯科医師、看護師、介護士、管理栄養士、

 

作業療法士、言語治療士などです。

 

出席者が職種の垣根を越えて、忌憚なく発言できる機会を目指

 

しています。

 

 

 

今回提示された症例は、クモ膜下出血後の急性期を経て、胃瘻造

 

を機に胃がんが見つかったと言う方です。

 

幸い胃がんは初期で、手術を経て胃瘻が増設された後、栄養状態

 

改善されました。

 

そこで、退院後如何にして経口量を増やし、胃瘻への依存を減ら

 

す、あるいは胃瘻からの離脱が出来るかと言う課題です。

 

居宅対応であることが問題で、今後この様な方は激増すると

 

推察されます。

 

各職種の方から、職種独特の切り口で発言がありました。

 

結論は出ませんでしたが、様々な意見が飛び交い、出席者

 

全員が課題の持つ重みを実感した時間でした。

 

次回の阪神摂食嚥下研究会は5月17日、千里中央豊中市公民館

 

コラボで開催予定です。

 

http://koyadental.jp/hanshin/index.html

 

詳しくは事務局ホームページを訪問して下さい。

 

何方でも参加して頂けます。  参加費は無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京出張と富士山

事務局を仰せつかっている日本臨床口腔外科医会の用事で、東京

 

行って来ました。

 

 

 

 

新幹線の車窓から、富士山を仰ぎ見ることが出来ました。

 

この様な天候に恵まれるのは私にとっては稀です。 

 

早朝大阪を発ち、午前中に岡山で伯父の法事に出席し、返す刀

 

でいざ東京へ、と言う次第です。  静岡県側からの富士山は、

 

少し山肌が険しい様な気がします。

 

 

 

 

4月に開催する研修会の打ち合わせを前に、宿泊させて頂いた

 

高輪プリンスホテルの河津桜を観賞しました。 

 

初めてのホテルで、田舎のおっさんは感動してしまいました。


江戸時代はここ品川が西国への旅の出発点で、ここから先は

 

覚悟して歩みを進めなければならない気の引き締まる場所

 

だったそうです。

 

日本の歴史と営みの奥深さに、今更ながら敬服します。

 

日本は広く、豊かな文化を持つ国だと改めて感じる

 

今日この頃です。

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メキシコ料理で暖かな送別会の巻

土曜日の診療を1時間早く終了させて頂き、スタッフの送別会を

 

いました。

 

 

 

歯科衛生士専門学校卒業後8年間、尼崎のいぶき歯科医院で中心

 

になって働てくれた、ムードメーカーの岩崎さんが、結婚と

 

転居を機に退職されます。

 

 

 

 

感激屋の岩崎さんは、こみあげてくる物が多すぎて、嫁ぐ日の

 

花嫁の様な雰囲気でした。 父親気分を味合わせてもらいま

 

した。

 

 

 

つい、何時でも出戻っておいでと言ってしまいました。

 

 

 

 

梅田茶屋町のメキシコ料理店では2階を貸し切り状態で、参加者

 

全員大盛り上がり!

 

 

 

 

チョット目にした事のないトッピングの焼きコーンや

 

 

 

 

トルティーヤとタコス、名物の焼き鳥、ワカモレなど、タバスコ

 

とハラペーニョは各自の好みで使います。

 

 

 

 

マルガリータやメキシコの各種ビールも豊富です。

 

辛い香辛料が苦手の人にも、容赦なくハバネロ攻撃があり、

 

口の中かが大変なことになった人もいました。

 

 

 

昨年から今年にかけてお目出たい結婚ラッシュが続いています。


女性が活躍出来る働きやすい歯科医院を目指して、今年は国より

 

一足先に働き方改革を実行する計画です。

 

 

 

 

サプライズ!  サプライズ! 私の古希のお祝いもして

 

頂きました。  薄紫色のとてもお洒落なニットカーディガンを

 

プレゼントしてもらいました。  感謝! 感謝!

 

これからも頑張って働かせて頂きます。

 

 

 

 

お店の前で全員集合、一人一人の力を結集してより良い医療が

 

提供出来るよう、これからも邁進します。

 

大阪大学歯学部第一口腔外科から当院へ出向しておられる先生方

 

も、春から関西労災病院、近畿中央病院、堺市民病院など、

 

地域の基幹病院へ赴任されます。 この人的繋がりを大切にして

 

行きたいと思います。

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本臨床口腔外科医会研修会の打ち合わせ

来る4月15日(日)、JR東京総合病院講堂で開催予定の第35回

 

日本臨床口腔外医会研修会の打ち合わせのため、在阪理事の先生

 

方と東京在住の講師の先生方との打ち合わせ会合を行いました。

 

 

 

講師は日本でのオッセオインテグレーションの巨星、

 

小宮山 彌太郎先生と菅井 敏郎先生です。 菅井先生は日本

 

臨床口腔外科医会の理事も務めて居られます。

 

 

 

後列左から早稲田駅前歯科の川端 秀男先生、走るジャズピアニ

 

ストとして有名な異色の歯科医穂積 純典先生、富田林市で

 

開業されつつ近畿大学医学部で後進の指導に当たられている

 

綿谷 和也先生、私、そして菅井 敏郎先生、

 

前列左からは、日本臨床口腔外科医会会長の大枝 直樹先生、

 

そして小宮山 彌太郎先生です。

 

菅井先生にお手配頂いて、六本木で中華料理を頂きました。

 

講師の先生へは洗練された中華料理に満足した後で、

 

551の豚まん(東京では肉まん)を大阪からのお土産

 

としてお渡ししました。

 

高くて旨いは当たり前、リーゾナブルな価格で感激する味、

 

これが食の醍醐味と感じる関西人風ののウィットのつもりです。

 

 

4月15日の研修会はJACOMSのホームページからお申し込み

 

頂けます。  小宮山先生、菅井先生の医療に対する真摯な

 

哲学を学ぶ場にもなると思います。

 

http://www.jacoms.gr.jp

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第20回阪神摂食嚥下研究会:多職種による摂食嚥下障害への取り組み方

いろいろな職種の者が集まり、口から食べる・飲み込むことに

 

不自由な状態を、如何に克服するか、改善できるかを勉強する

 

阪神摂食嚥下研究会も発足から3年目を迎えました。

 

 

 

今回は原点に戻って、実際に経験している症例を持ち寄って、

 

問題点を自由に話し合う場を設けました。

 

場所は豊中市公民館千里コラボ(千里中央)、日時は1月18日

 

(木)、午後7時から、参加費は無料です。

 

司会は事務局を担当している伊丹市小屋歯科医院の、小屋 経寛

 

先生、参加者は医師、歯科医師、看護師、管理栄養士、歯科

 

衛生士、理学療法士、作業療法士、介護士など約40名が集まりま

 

した。

 

 

 

尼崎のいぶき歯科の山林先生からは、低酸素脳症経鼻経管

 

栄養患者の経口摂取訓練について、内視鏡所見を供覧しながら、

 

患者さんやご家族との係わりに触れつつ、如何に改善点を

 

見極めることが出来るかについて問題提起がありました。

 

 

箕面のヒロデンタルクリニック・アリス箕面の上田 紘史先生

 

からは、パーキンソン病の経口摂取に関する問題点、その嚥下

 

障害解決への糸口をどのようにして求めてゆくかと言う、問題

 

提起がありました。  これも様々な内視鏡所見を供覧しなが

 

ら、参加者が問題点を見つけ、それぞれ自由に解決策を論議

 

できるものでした。

 

 

 

この様に職種の垣根を越え、地域で摂食嚥下障害を担う者が

 

知恵を寄せ合って、患者さんのためにより良い食の環境作りを

 

考えてゆける場になればと思います。

 

次回は3月15日(木) 午後7時から、場所は同じく千里中央の

 

豊中市公民館千里コラボ、参加費無料で行います。

 

詳細は阪神摂食嚥下研究会のホームページでご確認ください。

 

http://koyadental.jp/hanshin/index.html

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成30年戌年:明けましておめでとう御座います。

皆様、新年明けましておめでとう御座います。

 

 

40年以上お参りしている長岡天満宮です。  今年は、事の他

 

参拝客が多い様な気がしました。

 

 

 

戌年のおみくじは「吉」でした。

 

「つくづくと過ぎ越し方を見返れば、神の護りのある身なり

 

けり」とのご宣託で、有難いお言葉を頂戴しました。

 

 

 

境内の茶店で何時もの様にお善哉を頂きました。  私がお善哉

 

頂くのは、多分この時だけかもしれません。

 

 

年男?のサンペイとも近所のお宮へお参りに、正月休みに慣れた

 

体を立て直すべく、散歩している次第です。

 

 

お参りを済ませて、今年は質素なお節を家内と二人で頂きました。

 

家内の実家風、お澄まし雑煮です。  私の注文で、ささ身と

 

蒲鉾が入っているだけです。

 

実は、年末年始にかけて孫の居るタイ、バンコックへ行って

 

いました。 会う機会が少なく、まとめて休みが取れる機会

 

に家内と二人思い切って海外でのお正月を体験しました。

 

 

膝に乗ってくれる子供の感触を久しぶりに味わい、爺道を邁進して

 

いるところです。

 

 

年末から新年を過ごしたのは、バンコックから北へ車で1時間程の

 

Sampran Riversideと言う所です。

 

年越しそばも紅白も無く、少し不便な場所でしたが、3世代が語

 

り合える機会を持てました。

 

宿舎はタイ伝統の高床式のコテージで、寝室の入り口はバリアフ

 

リーどころか、高さ30冂の敷居があり、またいで入る構造です。

 

朝になって判りましたが、大トカゲが出没し、結構ワイルドな

 

所でした。

 

 

この池の周りにコテージが点在しています。 日本人の宿泊客は

 

見かけませんでした。

 

孫達に力を貰って、今年も新たな気持ちで頑張りたいと思います。

 

本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
医療法人IDC 2017年度忘年会

今年もいよいよ年の瀬です。

 

酉年から戌年へ、今年もいろいろなことがありましたが、

 

大過なく1年を過ごすことが出来ました。

 

 

尼崎のスタッフ、

 

 

箕面のスタッフが一堂に会して、1年の労をねぎらいました。
 

 

 

箕面ヒロデンタルの上田院長は、スタッフから大人気です。

 

 

次々とお酒を勧められていました。

 

 

3年間受付事務を頑張ってくれた奥野さんが今月末で退職し、

 

少し離れた所に新居を構えられます。 皆でおめでとうコールが

 

湧きあがりました。

 

 

場所を移しての2次会、

 

 

騒ぎすぎて、お店の人から苦情を言われる場面もありましたが、

 

店長から「来年も宜しくお願いします!」と言われ、それほど

 

迷惑をかけなかったのかなと、ちょっと安心しました。

 

スタッフ一同、皆さまのご健康とご多幸をお祈りしています。  

 

医療法人IDCは来年も一丸となって、地域の歯科医療に誠心誠意

 

取り組んで行きたいと思います。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カンボジアでの歯科ボランティア:有森裕子さんのハート・オブ・ゴールドでの活動報告

いぶき歯科医院 歯科衛生士の阿部です。

 

11月末から12月にかけて5日間、お休みを頂いてNPO法人

 

ハート・オブ・ゴールドのスタディーツアーに山林先生と

 

参加してきました!

 

 

 

関空からホーチミンまで6時間、そこから乗り換えてシェムリ

 

アップまで1時間、やっと到着しました。

 

 

 

 

 

その日の夜はツアー参加者の顔合わせで、ホテルのプールサイドで

 

の夕食でした。 ここで初めて、ハート・オブ・ゴールド代表の

 

有森裕子さんにお会いしました!  恐縮ながらもなんと同じ

 

テーブルでお食事させていただきました。

 

 

 

 

カンボジア2日目

 

 

 

 

なんと4時起き!

 

 

 

 

日の出前のアンコールワットを見ることができました。

 

 

 

 

早朝から子供たちと5kmのウォーキングをしました。

 

 

ウォーキングの後はみんなでレクリエーション。

 

暑かったけど楽しかったです。

 

 

 

 

手押し相撲とカンボジアの子供たちに大人気の『猿の葉っぱ取り』

 

というゲームをしたのですが、これが意外とおもしろいんです!

 

山林先生は真剣すぎたのか、早起きだったせいか、ゲーム中に

 

転んでいました。(笑)

 

 

 

 

 

午後からはNew Child Care Center(NCCC)に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

NCCCの子供たちがカンボジアの伝統的な踊りやココナッツ

 

ダンスで歓迎してくれました。 その後は歯科検診と治療です。

 

 

 

 

 

 

1年に1回しか治療することができない子供たちを限られた器具

 

や器材で治療を行うのは難しいことだなと思いました。

 

先生方のアシストをしながら近くでみることができとても

 

勉強になりました。

 

 

 

 

私も先生方にサポートしてもらいながら歯石除去をしました!

 

普段、医院で行うのとは全く違うので難しかったです。

 

初めて歯石を取ったこの子も頑張ってくれました。

 

 

 

NCCC最年少のナナちゃん、とってもかわいかったです!

 

 

 

 

 

 

夕食はお鍋を食べたのですが、なかなかおいしかったです。

 

その後、ナイトマーケットに行きました。

 

 

 

 

 

 

さすがにこれを食べる勇気はなかったのですが、服などとても

 

安くで買い物することができます。

 

 

 

3日目はチェイ小学校にて約800人の歯科検診です。

 

 

 

山林先生も頑張っています。

 

 

先生方が検診している間、もう一人の衛生士さんと二人で

 

歯磨き指導をしました。

 

 

 

 

このカバさん、なんと有森さんのお母様とお友達の手作りなんです!

 

なんとかエプロンにつけて使わせてもらいました。

 

本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

鏡とハブラシを配って、一緒に歯磨きの練習をします。

 

1日3回磨くことや、どうして虫歯になるのか、歯磨きの大切さなどは

 

大体みんな知っていました。 ですが磨き方を教えてもらったこと

 

がなかったり、磨く時間が2秒や3秒というのを聞くとまだまだ

 

教えることはたくさんあるのだなと思いました。

 

 

 

 

 

この日の夜はアンコールワット国際ハーフマラソンの前夜祭が

 

ありました。

 

今年はアンコールトムの前で行われるという滅多にないことだった

 

ので急遽参加させてもらいました。

 

 

 

 

 

カンボジア最終日はマラソン参加組と遺跡観光組と別行動でした。

 

カンボジアは行く機会もなく初めてだったので観光をしました!

 

 

 

 

この日はちょうどお坊さんのお祭り?(仏日?)があったので、

 

アンコールワットには正面から入ることができませんでした。

 

 

 

 

 

 

トゥームレイダーのロケ地にもなったタプロームにも行きました。

 

体調を崩すこともなく無事に夜の飛行機に乗り、翌朝再び関空に

 

帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

今回のカンボジア旅、普段の診療所では目にすることのない事

 

ばかりでとても貴重な経験をすることができました。

 

この機会を与えてくれた伊吹先生、本当にありがとうございました!

 

 

 

医療法人IDC | スタッフの時間 | 22:40 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2/30PAGES | << >> |