profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 劇症型心筋炎 | top | 歯科口腔検診 >>
劇症型心筋炎(続き)
                  第7病日


 
6月3日(木)、朝まで循環器病センターから電話はありませんでした。 緊急連絡先の順位をつけて3つの電話番号を病棟詰め所に登録していました。

 私は何時もどおり出勤し、家内は自分の勤めを休んで、病院へ行きました。  私は午前中は通常通り仕事をして、今日(木)と明日(金)、午後の診察を休み、緊急の場合に備えることにしました。
予約してくださっていた患者さんに、診療日の変更や、担当医師の変更をお願いするように手配しました。
 幸い、午前中には緊急電話は入りませんでした。  午前中の診療が終わり、午後2時ごろに循環器病センターへ行きました。

 2人主治医がおられ、若い方の循環器研修医(卒後5年目くらいらしいです)の先生から説明を受けました。

 私達が帰宅後、心房細動(心停止の状態ではありませんが、通常の慢性心房細動と異なり、心筋炎での細動は心臓の拍出機能が中等度以上に低下する)を止めるために、電気的徐細動を数回行なったが効果が無く、PCPSを行なおうかと考えていた。  しかし、もう一度不整脈専門の先生と協議して、心室細動、心停止の際に使用するアンカロン(Kチャンネル遮断薬:薬剤名アミオダロン)を使ったところ、効果があり、今は細動も止まり、自身の心機能で循環が保たれている状態です、という説明を受けました。

 本人は気管内押管の上人工呼吸をされ、ドルミカム(これも、いぶき歯科医院で静脈内鎮静を行なう時に使用するもの)を点滴静注されて、眠っている状態でした。   静脈系血栓防止のためにヘパリン、急性心不全の治療のためにカテコラミンが点滴投与されていました。

 ひとまずの危機は脱したようでした。  しかし高齢なので、今後何が起こるか予想できないと言われました。  国立循環器病センターでも過去に70歳代の劇症型心筋炎の症例は2例ほどあるが、80歳代は恐らくはじめてではないかとの事でした。





  暫く眠り続けるのでしょうが、どんな夢を見ているのか?

 この劇症型心筋炎は、実際多くはありませんが、どれほどの発病があるか定かではないそうです。  医療施設、更に各国医療機関での判定にも統一されたものが無く、症例報告もその範疇規定にばらつきがあると言われています。  又、重症化してから来院するものがほとんどで、PCPSを施術されたケースでさえ、30%−50%位が死に至る転帰をとるそうです。  乳幼児や子供の症例では、様態の急変に動転し、つらい思いをされた方も多く、更なる病態の解明が待たれるところです。
 
 母は幸いにも、重症化したのが国立循環器病センターを受診した直後で、まさに、治療をすべく準備段階にあったため、今考えられる最高の医療を受けていると思います。 ありがたいことと感謝しています。 
 診察が出来ず、御迷惑をかけたいぶき歯科医院の患者様にこのブログをかりてお詫びします。  有難う御座いました。
医療法人IDC | 先進医療技術 | 12:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 12:12 | - | - | pookmark |
Comment
突然のメール、失礼します。
先生のブログを見て、わらにもすがる気持ちでメールしています。
1/9に私の姪が、劇症型心筋炎になり近大奈良病院に入院しています。10日にお見舞いに行ったときには、人工心肺、透析、たくさんの輸液ポンプやシリンジにつながれていて、姪を見るのがとてもつらかったです。
劇症型心筋炎がまれな病気で予後などよくわからず、経験された家族がいらっしゃる先生に、お話を伺いたくて連絡しました。
姪は6歳の女の子で、四月から小学校に通う予定です。家族はただ手を握ることや祈ることしか出来ませんが、何か、お話を聞くことができて、何か希望が持てたらと思い、失礼ながらメールしました。

posted by 中村弘美 ,2013/01/13 1:20 PM

返信が遅くなり誠に申し訳ありません。 貴女からのコメントに気がついたのが今日でした。
私自身は心臓血管外科の専門家ではないので、医学的なアドバイスを持ち合わせていません。
同じ病気の方をもう一人存じ上げていますが、現在は回復されています。 幼児が闘病されている状況、ご心痛お察し申し上げます。  このメールが届くころには回復されていることを祈念しています。
お役にたてず誠に申し訳ありません。

posted by 伊吹 薫 ,2013/03/12 3:41 PM










Trackback
URL: