profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 気分一新、ハワイ休暇 | top | 錦秋の京都御苑 >>
日本の心:熊野古道中辺路と湯川王子祭礼

11月23日・24日の連休、山仲間と湯川王子の祭礼に参加さ

 

せて頂きました。

 

 

 

朝5時に自宅を出発し、先発組が宿泊している熊野古道の宿 

 

霧の郷たかはらで合流しました。 私の友人以外の宿泊者は

 

全員欧米人でした。

 

 

ベランダが拡張され、

 

 

大型の燻製器がありました。

 

 

ステンンドグラスが張られた、素晴らしい一画も

 

完成していました。

 

 

 

パイ焼き窯もあり、オーナーの意気込みが伝わってきます。

 

もちろん温泉もあり、既に1年先まで予約で満室とのことです。

 

12月には観客100人規模のオペラライブを催されるそうです。

 

スペインのCamino de Santiagoと熊野古道の両方を

 

走破した人はDual Pilgrimと言う称号が与えられるそうで、

 

スペインでは既に3000名の人が達成しているそうですが、

 

Camino de Santiagoの走破には3か月程かかるそうです。

 

 

 

今日は近露王子を目指します。  途中、高原池で紅葉を期待

 

しましたが、今年は未だ早そうでした。

 

 

更に、立ち寄った大銀杏も昨年より紅葉が遅れていました。

 

 

民宿近露で温泉に浸かり、楽しい夕食の始まりです。

 

ここも我々以外は欧米人宿泊者でした。

 

 

翌早朝、霧に覆われていましたが、

 

 

徐々に晴れ渡り、この紅葉を愛でることが出来ました。

 

 

 

湯川一族の墓へやって来ました。 ここに古来より集落が

 

あり、昭和56年に廃村になったとのことです。

 

湯川氏は足利尊氏の有力武将として、今の御坊を拠点に活躍した

 

とのことで、約700年以上前から歴史に名を残しています。

 

 

 

祭礼が始まり旅人(我々のこと)もお参りします。

 

この後餅まきがあり、お神酒が振る舞われます。

 

 

恒例の豚汁です。 獲得したお餅を入れて頂きました。

 

皆大体2杯は余裕ですが、4杯を平らげた猛者もいました。

 

酔いの回った足取りで、熊野本宮を目指します。

 

Trail Runをしているドイツ人の女の子は3時間で走破

 

していました。

 

 

熊野本宮にお参りし、

 

 

紅葉を堪能しながら、

 

 

旧道を下りました。  ここから川湯まで歩くのは我々には

 

少し無理がありました。

 

 

 

川湯では、正に河原に沸く温泉で爺連中が歳を忘れて

 

大はしゃぎでした。  この後、外国人カップルも加わって、

 

何処に来たのかわからない、不思議な時間を過ごしました。

 

熊野古道は年々活気がよみがえり、地域が活性化しているのが

 

判ります。  唯、豪雨災害の多発地区で、住民の方々の

 

ご苦労が絶えないのが気がかりです。

 

今年も仲間と古人に想いを馳せることが出来、あらゆるものに

 

感謝しなければと、思いを新たにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 20:45 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: