profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 第21回阪神摂食嚥下研究会:胃瘻から経口へ | top | Back for the Future:インプラント治療の将来を原点に立ち返って見据える >>
オランウータンと仲良し?

一時帰国中の孫たちに、タイのある動物園へ行った時の写真を

 

見せてもらい、その中に驚きの一枚がありました。

 

園内をオランウータンと散歩している飼育員がいて、

 

孫達が近寄ると、「一緒に遊んでも良いよ」と言われ、恐れを

 

知らない子供たちは、オランウータンと並んで、写真を

 

撮ったそうです。

 

 

 

これがその一枚です。  放し飼い状態のオランウータンに

 

恐る々々近寄る子供と、後から腕を掴む子供、幾ら人に慣れて

 

いるとは言え、何かあったらと思うのが普通の大人の感覚です。

 

昔私は実験用のアカゲザルと日本猿を飼育した経験があり、

 

野生猿の強さを良く知っている積りです。 あの大きな手を

 

振り回されたら、子供なんぞは大怪我間違いなしです。

 

これも国情の違いと言うか。自己責任の度合いの違いと言うか、

 

環境によって自ら危険を回避する術を学んでいるのでしょうか?

 

日本の安全基準の高さを改めて認識すると共に、日本人が

 

海外で余りにも無防備であることも反省しなければならないと

 

思います。

 

因みに、その飼育員から一人30バーツ(約100円ほど)の

 

撮影料(飼育員のお小遣い)を請求されたことは言うまでも

 

ありません。

医療法人IDC | 思いつくままに | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 10:00 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: