profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 第19回阪神摂食嚥下研究会:内視鏡デモと食支援の実際 | top |
上高地:憧れの徳澤園

連休に上高地を訪れました。  お仲間は2日前から涸沢で穂高

 

秋を愛でていましたが、私は都合がつかず、日曜日の

 

早朝、新大阪6時発の「のぞみ」で名古屋経由松本へ、

 

朝9時過ぎ、懐かしい松本電鉄に乗ることが出来ました。

 

 

 

もちろんワンマンカー、車内は外国人旅行者が大半です。

 

 

 

 

ホームから常念岳が見えていましたが、あっという間に

 

雲に隠れました。

 

 

 

 

新島々についてバスに乗り換え、ここでも大半は外国からの

 

旅行者、アルピコの社員の方が英語でそつなく案内され

 

ていました。  数年前とは違う様です。

 

 

 

 

11時過ぎに河童橋へ到着、河原から明神岳を仰ぎ見ました。

 

 

 

 

最高の天気、上高地絵画展覧会へ出品されるのでしょうか?

 

 

 

 

岳沢、吊り尾根、奥穂高、残念ですが今回は登りません。

 

 

 

 

梓川の清流。

 

 

 

 

輝く水の流れを写すつもりでしたが、素人はやはり上手

 

くは撮れません。

 

 

 

 

途中、嘉門次小屋へ寄ってお昼を頂きました。

 

超満員で名物岩魚の塩焼きは40分待ちとのこと、

 

 

 

 

諦めて、ざるそばにしました。 でも、新蕎麦で美味しかった!

 

 

 

 

上高地バスターミナルから徒歩約2時間弱、氷壁の宿「徳澤園」

 

へ到着、朝、涸沢から下山したお仲間と合流出来ました。

 

何時も横目で素通りしていた憧れのお宿です。 

 

山では余分な出費を控えるのが常なので、若い頃は少し

 

抵抗感があったのは事実です。  しかし、この歳で

 

目から鱗でした。

 

予約は2月1日開始で、その年の全ての予約が埋まる

 

と言う、宿泊難易度の高いお宿です。  

 

Y先生有難う御座いました。

 

 

 

 

井上 靖の小説「氷壁」で主人公のかおるが下山する恋人

 

を待ったと言う設定のお宿で、これ以降、空前の登山ブームが

 

起きました。

 

 

 

 

お宝がそこかしこに飾られています。

 

 

 

 

ウエルカムドリンクはここで頂きます。

 

 

 

 

お風呂(かなり熱い)の後は、お待ちかねの夕食、想像以上に

 

豪華で驚きました。

 

 

 

 

メインは飛騨牛のビーフシチュウ、本格的です。

 

 

 

 

デザートも豪華、何かは忘れましたが、、、、美味しかった

 

です。

 

 

 

 

上機嫌の爺連中、糖尿病も高血圧も、僧帽弁閉鎖不全、

 

心室性期外収縮や冠動脈狭窄、胆石や尿路結石、

 

前立腺肥大も、物忘れのおかげで、全て忘れて

 

大はしゃぎです。

 

この後、部屋に帰って、鼾と歯ぎしりに悩まされることも

 

無く、全員沈没、

 

 

 

 

 

爆睡して一夜が明けました。

 

早朝、徳澤園前のキャンプサイトは、清々しい空気で

 

満ちていました。

 

ぐうたら爺連中は、キャンプより2食風呂付のお宿の方が

 

いいかな?  少しと贅沢に慣れてしまってます。

 

 

 

 

朝は朝で、洗練された朝食を頂きました。 

 

日本のお宿の定番の、苔と納豆ではなく、海苔代わりの

 

大葉の醤油漬けや、パプリカ入りの目玉焼きが登場しました。

 

 

 

 

日本蜂の蜂蜜かけた、地元のヨーグルトとブルーベリー

 

のデザート、爺には高級すぎましたが、美味しかったです。

 

これで1泊2食、¥15.500−は、歩くことを考えても

 

かなり満足のいく内容です。 予約は取りにくいですが、、。

 

 

 

 

穂高連峰を仰ぎ見ながら、徳澤園から上高地へ向かいます。

 

 

 

 

 

本日も晴天、実に心安らかになる日本の絶景です。

 

 

 

 

目を転じると、焼岳が朝日に輝いています。

 

 

 

 

河童橋での定番ショット、戦友のK先生と相も変わらず気分

 

大転換の喜び分かち合いました。

 

 

 

 

奥穂高から連なるジャンダルム、ロバの耳、西穂高、想い出すと

 

心地よい緊張感に満たされます。

 

来年はもう少し山に来れる時間が欲しいなあと思う

 

今日この頃です。

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 19:11 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: