profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 梅北ガーデンへ行って来ました | top | 歯科検診と夏休み >>
昨年に続く三世代富士山登頂報告

楽しい山登りを孫に知ってもらおうと、何気なく近場

 

の山歩きを続けていました。

 

すると、如何言う訳か、今年も富士山へ登りたいと言い、

 

去年に続き再挑戦することと相成りました。

 

吉田口5合目へのシャトルバスに乗り、いざ出発。

 

金曜日昼からと土曜日はお休みを頂きました。  おかげで、

 

昨年の様な車中泊ではなかったのですが、正直なところ、

 

少しきつかったです。

 

5合目は凄い人々、昨年より混みあっています。

 

 

標高2305mで記念撮影。 私は年を取り、一方は何だか

 

大きくなってしまいました。

 

 

 

ここでお昼を頂きました。 

 

 

 

名物、富士山ラーメンです。

 

 

 

昨年にも増して外国の方が多く、日本語はminorityになって

 

しまいました。

 

 

 

ここから今日のお宿までは約1000m以上の登りです。

 

昨年買ってもらった杖に、新たな焼き印をもらうのを

 

楽しみにしていますが、これが1回¥300−から¥400−

 

と高いので、爺さんは少々困っています。 入山に際して、

 

自然保護のための基金に各自¥1000−づつ拠出しました。

 

 

 

1時間弱で6合目に到着。 ここから急登が始まります。

 

 

 

ジグザグと高度を上げて行きます。

 

雑念を振り払える時間です。

 

 

昨年の辛さを思いだし、しばし止まってしまった孫です。

 

7合目にある最初の宿への登り、何故かホッとします。

 

 

孫は結構余裕の様です。 それにしても外国の方が多く、富士山

 

威力に驚かされます。

 

ここらから、かなり大粒の雨がチラついて来ました。

 

昨年は晴天でしたので、少し気を引き締めなければいけません。

 

やや天候を気にしながらの登りです。

 

 

雨具を着たり脱いだりすることも、重要な判断力を養える

 

チャンスです。

 

7合目を後にして、8合目に近づいて来ました。

 

今日のお宿、本八合目の富士山ホテルへ到着!

 

爺さんヘロヘロ、孫余裕?

 

定番のカレー、何処の小屋も基本はカレーですが少しづつ違います。

 

今日はハンバーグとソーセージそれに福神漬けが着いています。

 

結構レベルの高いカレーですが、お代わりはありません。 

 

孫はソーセージが口に合わず、爺さんが何時も持ち歩いてる

 

魚肉ソーセージを食べていました。

 

 

午後5時就寝、翌朝午前1時30分起床、朝食を済ませて歩きを

 

開始。 午前4時に登頂し、日の出を見ることが出来ました。

 

子供の1年の成長は、想像を超えていました。

 

 

日の出を見る(拝む)人々々、外国の方も皆感動されていました。

 

日出る國と言う意味が、外国の方には理解できるのでしょうか。

 

そうあって欲しいと思います。

 

 

 

ご来光を仰ぐ人たちが、山肌に多勢集まっています。

 

 

昨年は断念したお鉢巡り、浅間大社へもお参りしました。

 

 

 

更に測候所跡へ向かって歩きます。

 

馬の背の登りは一番神経を使いました。

 

噴火口を見下ろす場所へやって来ました。  

 

20年以上前にこの場所へ来ましたが、同じ時期には

 

凍結していました。地球温暖化は短期間では、現実のものと

 

実感しましす。

 

 

 

1時間程でお鉢を巡り、元の場所へ戻ってきました。

 

記念グッズ選びに夢中の頃です。 お父さんは買って

 

くれませんが、馬鹿爺は直ぐに買います。

 

8時には下山開始、雨も降らずとても幸運でした。

 

 

 

山頂から3時間30分ほどで、出発点の吉田口5合目へ戻って

 

来られました。

 

さて、このままだと来年も富士山と言い出しかねないので、 

 

もっと潤いのある山を体験させたいと、来年に向けて作戦を

 

練っている爺です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 17:39 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: