profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 雨嵐の後、名残桜をサンペイと愛でるの巻き | top | お初天神 >>
立山・黒部・郡上八幡の旅

今年の連休も立山へ行って来ました。 妙に山好きになった孫を連れての初めての立山です。 富山地鉄立山駅の八重桜も、そろそろ見納めかなと言う時期です。

 

 

早朝4時半頃から美女平行きのケーブルカーの切符を買うために順番待ち、今回は、室堂を超えて、一挙に黒部ダムまで行き、折り返して室堂に戻ると言うコースを選択しました。 7歳と4歳の孫を連れての大旅行です。  それにしても、立山ー黒部往復のチケット代は¥12000程します。 小学生半額、未就学児は無料、でも相当の出費でした。  まさに、テーマパークへ行くような、思い切った感じでしょうか。

黒部平でしばしロープウェー待ち、結構雪遊びが出来ます。  

 

 

白馬岳を始めとする後立山連峰の壮大な眺めを満喫でき、振り返ると下って来たロープウェー、山スキーを楽しむ人達を遠望できます。

 

黒部湖に下りてから、急いで室堂へ戻りました。  何しろ、山手線並みの大混雑で、半数以上が外国からの旅行者のようでした。

 

 

室堂に到着し、簡易アイゼンを付けて、いざ、今宵のお宿、みくりが池温泉へ、、、。

 

 

凍り付いたみくりが池から見上げる、室堂山、一の越、雄山、大汝、霊峰とは言うもののその勇壮さに何時も圧倒されます。 孫どもはここで100m以上滑走出来る、そり遊びに熱中していました。

爺さんは早朝からのチケット手配と荷物運びで、もはや青息吐息です。

 

今年の雪質は非常に悪く、下手な私は最初から山スキーは諦めていました。 しかし、そりなら大丈夫です。

 

デジカメの望遠を使ってみました。

見上げると雄山神社と祠を捉えることが出来ました。  非常な晴天です。

 

大日岳に沈む夕陽、富山湾と市街地の対比が実に綺麗でした。  残念ながら私のデジカメ技術では表現できません。

 

もう一枚、秀作(?)をご覧ください。 夕陽を背に屹立する奥大日岳!

 

翌朝は、横殴りの風と霙の中を室堂バスターミナルまで、完全武装(?)で歩きました。  最も、厳冬期の冬山の厳しさではありませんし、地形的に雪崩の起こる心配もなく、安全・安心の山歩きです。

でも、孫達にとっては「本当に大変だったんよ!」と言う真顔の印象なので、少しは山の変化の激しさを知ってもらえたかなと思います。

 

帰りは、再び郡上八幡のホテル吉田屋へ、看板犬マックス君の健在を確認して、名物の鰻を頂きました。

 

マックス君もお年を召して、人を見分けると言うか、無駄に愛想を振りまかないと言うか、成長したお犬様になっていました。 犬の表情は実に多彩で、心を和ませてくれます。

 

今年のゴールデンウィークは、この様にして「歯医者の非日常」を楽しんでおりました。  長いお休みを頂有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 18:28 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: