profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
<< 異なった食形態が咽頭部を通過する時の様子(VE観察:嚥下内視鏡) | top | 晴れ間をぬってのお散歩 >>
第12回阪神摂食嚥下研究会:地域包括ケアの栄養管理(食形態情報の共有化を目指して)
阪神摂食嚥下研究会発足後1年が経過しました。 今回は高齢者の方の食事情報(食形態、摂食嚥下機能や栄養状態、食事環境等)を地域で共有する試みについて、阪神北県民局伊丹健康福祉事務所の管理栄養士 諸岡 歩様よりお話頂きました。

今回は始めて伊丹市で研究会を開催し、阪急伊丹駅前の特別養護老人ホームオアシス千歳のホールをお借りしました。 ご協力頂いた関係者の方々、誠に有難うございました。

この研究会は、参加自由・参加費無料、手弁当で毎月第2水曜日午後7時より開催しています。
詳しくは
http://hc-support-lab.com/ 合同会社ヒューマンケアサポートLabのホームページでご確認ください。



高齢者の方などが、病院から施設へ、病院から居宅へ、更に施設・居宅や病院から他の病院へ移動される際に、如何に正確にその人の食事情報を伝えるか、これが介護・医療に従事する者にとっては極めて大切です。

前回のブログでは、3種の食形態が嚥下される様子を内視鏡で観察し、その所見を報告しました。
これは被験者が健常人であること、健常人であればどのように食物を口の奥へ送りこみ、そしてゴックンするか、その結果は如何か等、検査する側が良く理解しているので、簡単に実施できます。
しかし被験者に摂食嚥下障害がある場合、もし病状や背景(原因疾患など)が判らない場合は、こう簡単に内視鏡検査は出来ません。


そこで重要なことは、「どのような経過でその人の現在の食事(食形態)、栄養確保の方法(経口、胃瘻、経管栄養、経静脈栄養)が選択されたか」と言うことです。

その情報を事前に得ることが出来れば、我々がその人の摂食嚥下機能を評価しやすくなり、必要な診査や検査方法を決定することが出来ます。

もう一点重要なことは、「その情報が地域で統一されたもので、客観的な資料でなければならない」ことです。




参加者は約40名、何時もより管理栄養士・栄養士の方が多く参加されました。




伊丹健康福祉事務所では病院・施設から居宅へ退院・退所時に、栄養管理ファイルを作成しそれを利用者の方に直接渡す方法を提唱されています。  

これを栄養パス運用と呼んで、現在、伊丹・川西・稲川の45施設が利用し、発行件数も735件(平成28年1月現在)に上っているそうです。





これは記載例です。身体状況を始めとする基本情報、特に退院・退所時の栄養状態がが一目で判る様に工夫されています。  提供していた食事内容も一目で判る様になっています。



更に、咀嚼嚥下の状態、食事介助方法、食事を提供する際の注意事項や、本人の好みなども記載されています。

ここで問題となることが、前にも述べましたが、病院から施設などへその人が摂取していた食形態が正確に伝わるかと言うことです。  つまり統一された基準に元ずく情報であることが必要です。




そこで「基本食材のレベル別調理携帯早分かり表」を作成されています。
これは伊丹健康福祉事務所の以下HPからPDFを入手することが出来ます。
http://web.pref.hyogo.jp/hnk06/eiyoukanri.html

伊丹市のこの取り組みは、兵庫県下では先進的なものです。  日本各地で同様な取り組みがなされていますが、未だ十分と言うにはほど遠いのが現状です。


今回の研修会では管理栄養士の底力、それに緻密な食事と栄養計画作成への熱意に感動しました。

摂食嚥下障害は言うに及ばず、高齢者の地域包括ケアにおける管理栄養士の果たすべき重要性は、無限であるような気がしました。  まず地域での管理栄養士パワーを結集する必要があると、痛切に感じました。
医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 13:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 13:19 | - | - | pookmark |
Comment
諸岡です。先日はありがとうございました。ブログにアップしていただき嬉しいです。全国あちこちで取組が広がりますように♪今後ともよろしくお願いします。

posted by 諸岡歩 ,2016/06/17 11:08 PM










Trackback
URL: