profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
"It is what it is.." is a clue of one's future life: Visitng Old Friends in Tucson and Iowa City.

私の師匠である口蓋裂言語障害の大家、Dr. Hughlett L. Morris

 

を訪ねて、Tucson, Arizonaへ行って来ました。

 

「Ok牧場の決闘」で有名な、Tombstoneの近く

 

(と言っても100km位離れている)にある退職者が多く住む

 

大学、観光そしてアメリカ空軍基地の町です。

 

昨年11月に突然腸閉塞を起こし、持ち直したもののリハビリ

 

途中で転倒してしまい、大腿骨骨折のため再入院手術

 

途中、原因不明の咽頭炎を起こして食事が出来なくなり、胃瘻を

 

設置されて、更にリハビリを続けているが、余り芳しくないとの

 

連絡で、家内と二人思いきって会いに行きました。 

 

空港まで娘のAmyが迎えに来てくれて、家まで直行しました。

 

 

 

 

 

「半年前まではとても元気な老人の心算だったのだが、一つ病気

 

をすると坂道を転がる様に体調が崩れていく」と嘆いていて、

 

どう元気づけたら良いか、お世辞や嘘は直ぐに見抜く人なので、

 

言葉を選んで話をしました。 

 

 

 

 

 

現在は口から全て食事が出来ているようですが、胃瘻はそのまま

 

で、万一のために設置したままにしているそうです。 

 

抜去すると2度目の胃瘻造設が難しいからでしょう。

 

身長も190儖幣あったのに、私より少し高いくらいになり、

 

体重も激減しているので、正直驚きました。  

 

皆から精力の塊みたいだと冗談を言われるくらい艶福家で、

 

20年前に奥さんを、2年前に彼女を亡くしてから、

 

急に衰えた様です。 これは自叙伝(Amazonで買えます)にも

 

書いてあるので、周知の事です。

 

 

 

 

夕食の後、「そろそろ寝ないと」と娘に言われても、これから

 

バーで一杯やると我儘を言っていました。  食事の時に

 

たっぷりのマティーニを2杯も飲んでいましたが、、、、、。

 

筋力が弱っているのと、原因不明で平行感覚が衰えていること、

 

腸閉塞の再発の可能性が高いことなど、心配は尽きませんが、

 

リハビリに積極的なので、きっと回復しくれると祈りながら、

 

後ろ髪をひかれる思いでした。

 

 

 

 

TucsonからChicago 経由でIowa Cityへ向かいました。

 

 

 

Chicagoの建築美はいつ見ても圧巻です。

 

 

 

家族連れのお上りさんが多く、Navy Pierなどの複合娯楽施設、

 

美術館、博物館、動物園、水族館、演劇、ライブショー等

 

お楽しみ満載の街です。 6月〜8月がベストシーズンとのこと

 

ですが、今回は残念ながら素通りです。

 

さて、ChicagoからIowa Cityへ、飛行機で約1時間ちょっと、

 

東京〜大阪の距離です。

 

 

 

Iowa Cityの中心Old Capital、家内は15年ぶりの再訪です。

 

2008年、2016年に大水害があり、その後の公共工事で町は活況

 

しています。 

 

大学と病院の街から物流の中心地へ変貌しつつあり、

 

人口も急増しています。 昔は少し郊外へ行くと、豚とアヒルが

 

走り回っていました。  そして一面のトウモロコシ畑で、

 

Field of DreamsやThe Bridges of Madison Countyの舞台に

 

なった超田舎です。

 

 

 

 

早速、懐かしいかつてのわが家へ、家内は40年振りの再訪です。

 

まだ20代の頃、ここで必死に子育てをしていましたので、

 

家内にとっても感慨深い想い出の詰まった家です。

 

たまたま在宅されていた住人に許可をもらって撮影しました。

 

 

 


 

裏庭の小屋もそのまま、この庭でジャガイモ、トウモロコシ、

 

トマト、キュウリ、ブロッコリー、玉ねぎなど、素人でも肥料

 

もやらず何でも出来るのには驚きました。  

 

まさにIowa州の標語「The Place to Grow」そのままです。

 

 

 

 

夕方からは2年前に日本口蓋裂学会で招待講演をした、かつての

 

相棒Dr. Michael P. Karnellの家へ。 お遊びで買った中古の

 

マツダロードスターがいたく気に入っているとのことです。 

 

因みに、日本でのロードスターと言う車名は初めて知ったと

 

言っていました。

 

 

 

 

娘さんが佐渡島の農家へ嫁いで17年になると言う友人を招待

 

してくれていました。 佐渡島の4人のお孫さんの学校生活と

 

日本の風習の話で大盛り上がりでした。  孫の内二人は

 

アメリカが良いと言い、後の二人は日本が良いと言っている

 

ので、20歳にった時にどう決めるかなと話されていました。

 

曽我 ひとみさんのご主人Charles Jenkinsさんの話が出て、

 

亡くなられたことは知らなかったと言われていました。

 

拉致の事実をアメリカで知っている人は知る限り皆無です。

 

 

 

 

翌日は少しだけオシャレをして半年に一回開かれる、地産地消の

 

正餐会を経験しました。 80%を地元産の物で供される地元

 

振興策をHancher Auditoriumと言う大学の劇場で行います。 

 

因みに、次回は10月開催で既に満席です。 

 

ここも洪水で10年以上、施設を新設することが出来ません

 

た。私も同窓会員として少しだけ寄付させてもらってます。

 

 

 

 

席は適当で、人数分は用意してありますが、知らない人とも

 

一緒になります。  相席したのは元小児科医のおばさんと、

 

 

 

その友達の私より2歳下の、商品店を経営しているおばちゃん

 

でした。二人とも旦那をほったらかして、我々と他愛もない

 

話で結構盛り上がりました。  どの国の主婦も、

 

旦那抜きの時間が大事なんだと、改めて認識できました。

 

同世代で話題が共通しているので、私のつたない英語でも、

 

結構話が弾みました。 

 

何故か、今日のメインは豆腐ステーキです。  Iowaは

 

大豆の一大産地で、バーなどのおつまみ枝豆はかなりいけます。  

 

これでフルコース、飲み物抜きで40ドルです。

 

 

 

 

翌日はIowa 大学付属病院耳鼻科咽喉科・顎顔面外科へ。

 

更に診療室が拡充されていました。  

 

内視鏡はOlympusからPentaxへ買い換えられています。

 

 

 

 

耳鼻科全体の内視鏡消毒室。

 

 

 

 

これは嚥下動作や鼻咽腔を見るための、言語治療用の

 

内視鏡です。 消毒手順が厳格になり時間がかかるため、多数の

 

内視鏡を準備して置く必要があります。  これはいぶき歯科

 

医院でも同様です。

 

 

 

Dr.Richard Tylerは私をよく覚えてくれていました。  私が

 

いた時は博士課程の大学院生でした。

 

彼は耳鳴りが専門の研究者で言語聴覚士です。

 

Professor of Otolaryngology, Professor of Communication

 

Sciences and Disoedersとして、40年に渡って研究を

 

続けていて、補聴器の話になると止まらなくなります。

 

「私も補聴器がいるかも?」 と言うと「老化は止められん

 

から、我慢しとき」とのことでした。

 

 

 

 

頭頸部腫瘍外科特に喉頭癌が専門のDr. Henry Hoffman。

 

声帯麻痺コラーゲンを注入する際、内視鏡を2本使用して、

 

微細な変量を調節する方法を開発した人です。  

 

内視鏡をここで最初に始めたのが私で、最初の論文も

 

私が書いたと言う事は知っていました。  その時、彼は

 

レジデントだったので覚えていたようです。 今は、

 

Professor of Otolaryngology, Professor of Radiation

 

Oncologyとして30年以上のキャリアを誇っています。 

 

お互い年を取ったなあと言う一枚です。

 

往診(House Callと言います)で内視鏡を使用していると言うと、

 

アメリカではお金の関係で先ず無理かなとのこと、

 

日本の医療保険のきめ細やかさに改めて感謝する気持ちです。

 

皆、年輪を経て、自分の社会人としてのゴールが見えてきま

 

した。

 

"It is what it is.", " Go with  the stream." と片意地張らず、

 

現実を見据え、己の身を社会に任せるのが最良の生き方かな?

 

と皆で意見が一致しました。

 

アメリカも日本も、言葉の壁はありますが、心の壁は殆ど

 

無いと感じる今です。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オランウータンと仲良し?

一時帰国中の孫たちに、タイのある動物園へ行った時の写真を

 

見せてもらい、その中に驚きの一枚がありました。

 

園内をオランウータンと散歩している飼育員がいて、

 

孫達が近寄ると、「一緒に遊んでも良いよ」と言われ、恐れを

 

知らない子供たちは、オランウータンと並んで、写真を

 

撮ったそうです。

 

 

 

これがその一枚です。  放し飼い状態のオランウータンに

 

恐る々々近寄る子供と、後から腕を掴む子供、幾ら人に慣れて

 

いるとは言え、何かあったらと思うのが普通の大人の感覚です。

 

昔私は実験用のアカゲザルと日本猿を飼育した経験があり、

 

野生猿の強さを良く知っている積りです。 あの大きな手を

 

振り回されたら、子供なんぞは大怪我間違いなしです。

 

これも国情の違いと言うか。自己責任の度合いの違いと言うか、

 

環境によって自ら危険を回避する術を学んでいるのでしょうか?

 

日本の安全基準の高さを改めて認識すると共に、日本人が

 

海外で余りにも無防備であることも反省しなければならないと

 

思います。

 

因みに、その飼育員から一人30バーツ(約100円ほど)の

 

撮影料(飼育員のお小遣い)を請求されたことは言うまでも

 

ありません。

医療法人IDC | 思いつくままに | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メキシコ料理で暖かな送別会の巻

土曜日の診療を1時間早く終了させて頂き、スタッフの送別会を

 

いました。

 

 

 

歯科衛生士専門学校卒業後8年間、尼崎のいぶき歯科医院で中心

 

になって働てくれた、ムードメーカーの岩崎さんが、結婚と

 

転居を機に退職されます。

 

 

 

 

感激屋の岩崎さんは、こみあげてくる物が多すぎて、嫁ぐ日の

 

花嫁の様な雰囲気でした。 父親気分を味合わせてもらいま

 

した。

 

 

 

つい、何時でも出戻っておいでと言ってしまいました。

 

 

 

 

梅田茶屋町のメキシコ料理店では2階を貸し切り状態で、参加者

 

全員大盛り上がり!

 

 

 

 

チョット目にした事のないトッピングの焼きコーンや

 

 

 

 

トルティーヤとタコス、名物の焼き鳥、ワカモレなど、タバスコ

 

とハラペーニョは各自の好みで使います。

 

 

 

 

マルガリータやメキシコの各種ビールも豊富です。

 

辛い香辛料が苦手の人にも、容赦なくハバネロ攻撃があり、

 

口の中かが大変なことになった人もいました。

 

 

 

昨年から今年にかけてお目出たい結婚ラッシュが続いています。


女性が活躍出来る働きやすい歯科医院を目指して、今年は国より

 

一足先に働き方改革を実行する計画です。

 

 

 

 

サプライズ!  サプライズ! 私の古希のお祝いもして

 

頂きました。  薄紫色のとてもお洒落なニットカーディガンを

 

プレゼントしてもらいました。  感謝! 感謝!

 

これからも頑張って働かせて頂きます。

 

 

 

 

お店の前で全員集合、一人一人の力を結集してより良い医療が

 

提供出来るよう、これからも邁進します。

 

大阪大学歯学部第一口腔外科から当院へ出向しておられる先生方

 

も、春から関西労災病院、近畿中央病院、堺市民病院など、

 

地域の基幹病院へ赴任されます。 この人的繋がりを大切にして

 

行きたいと思います。

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本臨床口腔外科医会研修会の打ち合わせ

来る4月15日(日)、JR東京総合病院講堂で開催予定の第35回

 

日本臨床口腔外医会研修会の打ち合わせのため、在阪理事の先生

 

方と東京在住の講師の先生方との打ち合わせ会合を行いました。

 

 

 

講師は日本でのオッセオインテグレーションの巨星、

 

小宮山 彌太郎先生と菅井 敏郎先生です。 菅井先生は日本

 

臨床口腔外科医会の理事も務めて居られます。

 

 

 

後列左から早稲田駅前歯科の川端 秀男先生、走るジャズピアニ

 

ストとして有名な異色の歯科医穂積 純典先生、富田林市で

 

開業されつつ近畿大学医学部で後進の指導に当たられている

 

綿谷 和也先生、私、そして菅井 敏郎先生、

 

前列左からは、日本臨床口腔外科医会会長の大枝 直樹先生、

 

そして小宮山 彌太郎先生です。

 

菅井先生にお手配頂いて、六本木で中華料理を頂きました。

 

講師の先生へは洗練された中華料理に満足した後で、

 

551の豚まん(東京では肉まん)を大阪からのお土産

 

としてお渡ししました。

 

高くて旨いは当たり前、リーゾナブルな価格で感激する味、

 

これが食の醍醐味と感じる関西人風ののウィットのつもりです。

 

 

4月15日の研修会はJACOMSのホームページからお申し込み

 

頂けます。  小宮山先生、菅井先生の医療に対する真摯な

 

哲学を学ぶ場にもなると思います。

 

http://www.jacoms.gr.jp

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
医療法人IDC 2017年度忘年会

今年もいよいよ年の瀬です。

 

酉年から戌年へ、今年もいろいろなことがありましたが、

 

大過なく1年を過ごすことが出来ました。

 

 

尼崎のスタッフ、

 

 

箕面のスタッフが一堂に会して、1年の労をねぎらいました。
 

 

 

箕面ヒロデンタルの上田院長は、スタッフから大人気です。

 

 

次々とお酒を勧められていました。

 

 

3年間受付事務を頑張ってくれた奥野さんが今月末で退職し、

 

少し離れた所に新居を構えられます。 皆でおめでとうコールが

 

湧きあがりました。

 

 

場所を移しての2次会、

 

 

騒ぎすぎて、お店の人から苦情を言われる場面もありましたが、

 

店長から「来年も宜しくお願いします!」と言われ、それほど

 

迷惑をかけなかったのかなと、ちょっと安心しました。

 

スタッフ一同、皆さまのご健康とご多幸をお祈りしています。  

 

医療法人IDCは来年も一丸となって、地域の歯科医療に誠心誠意

 

取り組んで行きたいと思います。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明石魚の棚商店街と明石城:日本標準時刻の地

思い立って明石を訪れました。 尼崎からは30分ほどで行け

 

ますが、前回の訪問から8年以上経っています。

 

 

駅前には名物、明石蛸の花壇が、、、再開発され大きく変貌して

 

いました。

 

 

何やらイベントが?

 

 

 

馬場 ヒロフミさんのラジオ公開番組で、明石城の創健記念番組

 

でした。 

 

 

お昼時なので早速、魚の棚市場へ、、、時分時のみ営業されてい

 

る焼き穴子のの専門店「喜八庵」さんが偶然開いていました。

 

 

私はお昼から「ほろ酔いセット」、焼き穴子と手作り豆腐、そして

 

ビールです。 たれを浸けても良し、そのままでも良し。

 

お豆腐を岩塩で頂きました。 占めて¥1.100−なり。

 

 

家内は穴子茶漬け、やはりお豆腐が付いて¥900−なり。

 

本場で頂く穴子は格別です。 香ばしく、柔らかく、だし汁が

 

秀逸だったと山の神は申しておりました。

 

少しお腹に余裕を持たせて、次に向かったのは?

 

 

ご存じ明石焼きです。  これは二人前で¥1.000−なり、口上で

 

は元々、卵焼きだったのですがそれに蛸を入れたことに始まるそうです。

 

たまたま、大阪から訪れていた人が、大阪の今のたこ焼きに蛸を

 

入れることを思いつき、浪花名物のたこ焼きが始まったとのことです。

 

ふんわかした食感は、何とも表現しにくいのですが、超柔らかく熱い

 

卵焼きの中に蛸だけが入っていて、それを出し汁で冷やして、外側

 

冷たく、中は熱々という感じです。

 

 

JR明石駅の北側にある明石城を見学しました。

 

兵庫県は農業の盛んな地域ですので、高校の園芸グループを中心に

 

した花壇コンクール開催されていました。

 

 

明石海峡大橋をモチーフにした庭、楽しい展示が沢山ありました。

 

 

現在の城は1618年に徳川二代将秀忠の時に、小笠原忠政が築城

 

したとのことです。

 

 

姫路城主であった本多 忠政の指導により時価30数億円で築城された

 

そうです。 現在の感覚からは規模の上で安い様に思いますが、人件費が

 

極端に零に近かったのかも知れません。

 

 

 

公開されている坤櫓(ひつじさるやぐら)の内部です。

 

 

町割りを示す模型も展示されています。

 

戦国時代が終わり、徳川幕藩体制が整いつつある正にその時に築城された

 

明石城です。 武家を中心にした経済発展と、国の規律を維持するための

 

様々な施策が織り込まれたいたのでしょう。

 

 

JR明石駅から見た明石城です。

 

近くても、いろいろ考えさせられる、ミニ歴史短訪でした。

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
千里阪急ホテル・プールサイドビアガーデン

台風で大荒れの天気の後、久しぶりに穏やかな日が訪れました。

 

ヒロデンタルクリニック・アリス箕面の「ご苦労さん会」に

 

お呼ばれして来ました。

 

 

場所は千里中央にある千里阪急ホテル、近場でリゾート気分が

 

味わえます。

 

午後6時から9時までの飲み放題・食べ放題、但し、プールへの

 

飛び込みは禁止、夕方からは過ごしやすい気温で、若い人達と

 

(最年少は7歳)屈託のない会話を楽しんできました。

 

今年のお料理には担々麺やスープ餃子があり、中華風のアレンジ

 

してあるように思いました。

 

年甲斐もなく、腹12分目でプールサイドを後にした次第です。

 

翌朝、体重計に乗って、反省しきりの1日となりました。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯科検診と夏休み

夏休みになり孫がやって来ました。

 

 

帰省時恒例の歯科検診。

 

 

 

虫歯もなくその他の口腔疾患もありません。  合格!

 

それにしてもドンドン大きくなっています。  まあ当たり

 

前で、大きくならないと困るのですが、爺さんとしては少し

 

寂しい気がします。

 

何時もは家内と二人の空間が、突如夏休みモードとなり、一瞬で

 

ゴミ箱になってしまいました。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紫陽花:季節の移ろいを思う

今年は梅雨に入っても、いきなり夕立が大挙して襲来する様な、

 

豪雨の、夏とも何とも表現できない季節感を味わっています。

 

 

 

それでも紫陽花は咲き始めています。

 

移ろいの多い花で、季語には向かないと言われていますが、

 

 

 

強く季節の節目を感じさせてくれます。

 

 

 

 

色は実に千変万化、

 

 

 

サンペイは唯散歩が嬉しいだけですが、夏の訪れを感じている様

 

です。

 

 

 

 

蓮の花も咲き誇り始めました。

 

 

 

我が家のベランダの紫陽花も、少しづつ大きくなり、

 

 

 

 

1週間経つと、少し大きく、色濃くなっている様な気がします。

 

これからどんな色に変わるか楽しみです。

 

 

歯医者は1日8時間以上、強い光の元で目を凝らして仕事をして

 

いるので、自然の中で花弁の色や、緑の葉を眺めていると、気が

 

み、疲れが取れてくるような気がします。 想像を超える変化

 

があります。   実際そうだと思います。 

 

 

話は変わりますが、どのような手術も集中力を極限まで高めて

 

行います。 一瞬たりとも気を緩めることは出来ません。  

 

時には12時間以上に及ぶことも稀ではありません。  

 

私も大学病院時代に朝から始まり、日が変わるまで手術をした

 

経験がありますが、喉は乾きますが、尿意は催しませんでした。

 

それでも、少し横を見たり、術野の話をしたりする時間があり

 

ました。

 

 

歯科治療もかなりの集中力を必要としますが、将棋の世界での

 

持続的な集中力・精神力・知力には異次元の物を感じ、凡庸な私

 

には到底及ばない世界です。

 

途轍もなく強靭な精神力を子供の頃から持っている人がいる

 

ことを、改めて思い知りました。 「近頃の若い者は」等と言

 

う言葉は封印するべきでしょう。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年度歓送迎会

今年も大阪大学歯学部第一口腔外科の人事異動に伴い、いぶき歯科への医局からの出張人事に変更がありました。 地域の患者様に親しんで頂いた先生方が1年で移動になるのは、非常に心苦しく思いますが、これも優秀な若手歯科医師育成と歯科医療の総合的なネットワークの一環ですので、ご理解いただければと思います。

 

今年の歓送迎会は、梅田グランドビルの白楽天で開催できました。

 

 

箕面市の姉妹診療所、ヒロデンタルクリニック・アリス箕面のスタッフが勢ぞろいです。  尼崎と箕面のメンバーが合同で会することは意外と少なく、貴重な交流の機会です。

ヒロデンタルでは新たに3名の歯科衛生士、2名の受付事務の方が勤務しています。  

 

 

 

日頃話せない話が、この機会には結構屈託のない話題として飛び交うので、私は耳をダンボ(古い)にしてスタッフの話を聞いています。  これでも、少しでも職場の風通しが良くなればと腐心しています。 患者さんとの長いお付き合いを経験しているスタッフも多く、感謝しています。

 

 

 

何時も皆にわがままを言って困らせている爺ですが、許してください。

懺悔の時間の始まりです。

 

 

学会途中で東京から駆け戻って来てくれた先生もいます。 それにしても、梅田は都会だなあと、昔を想い出し若い人に囲まれて幸せな爺です。

 

 

4月から勤務してもらっている先生方です。  皆は山林先生と同級で、爺には理解できない踏み込んだ人間関係があり、勉強させてもらっています。  これも頭の体操になり、昨今言われているフレイル予防に役立っているでしょう。

 

 

正直、至福の一時です。 山の神、御免なさい。

 

 

 

これからも初心を忘れず、患者様一人一人のためにお役に立てればと気持ちを新たに、頑張ります。

宜しくお願い致します。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/10PAGES | >> |