profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
明石魚の棚商店街と明石城:日本標準時刻の地

思い立って明石を訪れました。 尼崎からは30分ほどで行け

 

ますが、前回の訪問から8年以上経っています。

 

 

駅前には名物、明石蛸の花壇が、、、再開発され大きく変貌して

 

いました。

 

 

何やらイベントが?

 

 

 

馬場 ヒロフミさんのラジオ公開番組で、明石城の創健記念番組

 

でした。 

 

 

お昼時なので早速、魚の棚市場へ、、、時分時のみ営業されてい

 

る焼き穴子のの専門店「喜八庵」さんが偶然開いていました。

 

 

私はお昼から「ほろ酔いセット」、焼き穴子と手作り豆腐、そして

 

ビールです。 たれを浸けても良し、そのままでも良し。

 

お豆腐を岩塩で頂きました。 占めて¥1.100−なり。

 

 

家内は穴子茶漬け、やはりお豆腐が付いて¥900−なり。

 

本場で頂く穴子は格別です。 香ばしく、柔らかく、だし汁が

 

秀逸だったと山の神は申しておりました。

 

少しお腹に余裕を持たせて、次に向かったのは?

 

 

ご存じ明石焼きです。  これは二人前で¥1.000−なり、口上で

 

は元々、卵焼きだったのですがそれに蛸を入れたことに始まるそうです。

 

たまたま、大阪から訪れていた人が、大阪の今のたこ焼きに蛸を

 

入れることを思いつき、浪花名物のたこ焼きが始まったとのことです。

 

ふんわかした食感は、何とも表現しにくいのですが、超柔らかく熱い

 

卵焼きの中に蛸だけが入っていて、それを出し汁で冷やして、外側

 

冷たく、中は熱々という感じです。

 

 

JR明石駅の北側にある明石城を見学しました。

 

兵庫県は農業の盛んな地域ですので、高校の園芸グループを中心に

 

した花壇コンクール開催されていました。

 

 

明石海峡大橋をモチーフにした庭、楽しい展示が沢山ありました。

 

 

現在の城は1618年に徳川二代将秀忠の時に、小笠原忠政が築城

 

したとのことです。

 

 

姫路城主であった本多 忠政の指導により時価30数億円で築城された

 

そうです。 現在の感覚からは規模の上で安い様に思いますが、人件費が

 

極端に零に近かったのかも知れません。

 

 

 

公開されている坤櫓(ひつじさるやぐら)の内部です。

 

 

町割りを示す模型も展示されています。

 

戦国時代が終わり、徳川幕藩体制が整いつつある正にその時に築城された

 

明石城です。 武家を中心にした経済発展と、国の規律を維持するための

 

様々な施策が織り込まれたいたのでしょう。

 

 

JR明石駅から見た明石城です。

 

近くても、いろいろ考えさせられる、ミニ歴史短訪でした。

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
千里阪急ホテル・プールサイドビアガーデン

台風で大荒れの天気の後、久しぶりに穏やかな日が訪れました。

 

ヒロデンタルクリニック・アリス箕面の「ご苦労さん会」に

 

お呼ばれして来ました。

 

 

場所は千里中央にある千里阪急ホテル、近場でリゾート気分が

 

味わえます。

 

午後6時から9時までの飲み放題・食べ放題、但し、プールへの

 

飛び込みは禁止、夕方からは過ごしやすい気温で、若い人達と

 

(最年少は7歳)屈託のない会話を楽しんできました。

 

今年のお料理には担々麺やスープ餃子があり、中華風のアレンジ

 

してあるように思いました。

 

年甲斐もなく、腹12分目でプールサイドを後にした次第です。

 

翌朝、体重計に乗って、反省しきりの1日となりました。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯科検診と夏休み

夏休みになり孫がやって来ました。

 

 

帰省時恒例の歯科検診。

 

 

 

虫歯もなくその他の口腔疾患もありません。  合格!

 

それにしてもドンドン大きくなっています。  まあ当たり

 

前で、大きくならないと困るのですが、爺さんとしては少し

 

寂しい気がします。

 

何時もは家内と二人の空間が、突如夏休みモードとなり、一瞬で

 

ゴミ箱になってしまいました。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紫陽花:季節の移ろいを思う

今年は梅雨に入っても、いきなり夕立が大挙して襲来する様な、

 

豪雨の、夏とも何とも表現できない季節感を味わっています。

 

 

 

それでも紫陽花は咲き始めています。

 

移ろいの多い花で、季語には向かないと言われていますが、

 

 

 

強く季節の節目を感じさせてくれます。

 

 

 

 

色は実に千変万化、

 

 

 

サンペイは唯散歩が嬉しいだけですが、夏の訪れを感じている様

 

です。

 

 

 

 

蓮の花も咲き誇り始めました。

 

 

 

我が家のベランダの紫陽花も、少しづつ大きくなり、

 

 

 

 

1週間経つと、少し大きく、色濃くなっている様な気がします。

 

これからどんな色に変わるか楽しみです。

 

 

歯医者は1日8時間以上、強い光の元で目を凝らして仕事をして

 

いるので、自然の中で花弁の色や、緑の葉を眺めていると、気が

 

み、疲れが取れてくるような気がします。 想像を超える変化

 

があります。   実際そうだと思います。 

 

 

話は変わりますが、どのような手術も集中力を極限まで高めて

 

行います。 一瞬たりとも気を緩めることは出来ません。  

 

時には12時間以上に及ぶことも稀ではありません。  

 

私も大学病院時代に朝から始まり、日が変わるまで手術をした

 

経験がありますが、喉は乾きますが、尿意は催しませんでした。

 

それでも、少し横を見たり、術野の話をしたりする時間があり

 

ました。

 

 

歯科治療もかなりの集中力を必要としますが、将棋の世界での

 

持続的な集中力・精神力・知力には異次元の物を感じ、凡庸な私

 

には到底及ばない世界です。

 

途轍もなく強靭な精神力を子供の頃から持っている人がいる

 

ことを、改めて思い知りました。 「近頃の若い者は」等と言

 

う言葉は封印するべきでしょう。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成29年度歓送迎会

今年も大阪大学歯学部第一口腔外科の人事異動に伴い、いぶき歯科への医局からの出張人事に変更がありました。 地域の患者様に親しんで頂いた先生方が1年で移動になるのは、非常に心苦しく思いますが、これも優秀な若手歯科医師育成と歯科医療の総合的なネットワークの一環ですので、ご理解いただければと思います。

 

今年の歓送迎会は、梅田グランドビルの白楽天で開催できました。

 

 

箕面市の姉妹診療所、ヒロデンタルクリニック・アリス箕面のスタッフが勢ぞろいです。  尼崎と箕面のメンバーが合同で会することは意外と少なく、貴重な交流の機会です。

ヒロデンタルでは新たに3名の歯科衛生士、2名の受付事務の方が勤務しています。  

 

 

 

日頃話せない話が、この機会には結構屈託のない話題として飛び交うので、私は耳をダンボ(古い)にしてスタッフの話を聞いています。  これでも、少しでも職場の風通しが良くなればと腐心しています。 患者さんとの長いお付き合いを経験しているスタッフも多く、感謝しています。

 

 

 

何時も皆にわがままを言って困らせている爺ですが、許してください。

懺悔の時間の始まりです。

 

 

学会途中で東京から駆け戻って来てくれた先生もいます。 それにしても、梅田は都会だなあと、昔を想い出し若い人に囲まれて幸せな爺です。

 

 

4月から勤務してもらっている先生方です。  皆は山林先生と同級で、爺には理解できない踏み込んだ人間関係があり、勉強させてもらっています。  これも頭の体操になり、昨今言われているフレイル予防に役立っているでしょう。

 

 

正直、至福の一時です。 山の神、御免なさい。

 

 

 

これからも初心を忘れず、患者様一人一人のためにお役に立てればと気持ちを新たに、頑張ります。

宜しくお願い致します。

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お初天神

ふと思いついてお初天神へお参りしました。

JR梅田駅、阪急・阪神梅田駅から徒歩5分程のところにあります。

その昔、大阪で学生時代を過ごした人は必ず来たような、そんな気がする天神さんです。

 

 

ビルに囲まれてはいますが、小さな境内は別次元の趣があります。

正式名は「露天神社:つゆのてんじんしゃ」と言い、1300年以上の歴史があるらしいです。

 

 

こんな感じだっかなあと昔を偲びながら中へ入りました。

通称「お初天神」と言われているのは、1703年に境内で起こった遊女「お初」と醤油屋の使用人「徳兵衛」の情死事件が元です。

これを近松門左衛門が「曽根崎心中」という戯作に起こし、文楽で公演されたところ大評判になりました。

 

 

以来、恋人たちの聖地となったそうで、、、

 

 

縁結びのご利益があると信じられてきました。

 

 

 

 

こんな可愛い二人の像もあります。

 

 

 

かと思えば、太平洋戦争中の米軍機からの機銃掃射の痕も残っています。

梅田駅方向から飛来した戦闘機が放ったと書かれていました。

 

 

境内を北へ抜けると、直ぐ傍に気になる案内が、、、。

19時まで、500円でたこ焼き3個と飲み物、但しおひとり様1回限りと書かれていました。

迷わず、お邪魔して、ハイボールとマヨネーズのかかった少し濃厚な味のたこ焼きを頂きました。

 

結構、美味しく、期待を裏切らない味で、ハイボールの濃さも合格点でした。  ご馳走様でした。

 

お初天神は小さいながらも、庶民を勇気づけ、皆の喜怒哀楽を受け止めて、願いを聞き、大きな精神的支えとしての役割を担ってきているなあと、今更ながら思い至った訳です。 おまけに胃の腑も満足させてくれました。  感謝! 感謝! です。

医療法人IDC | 思いつくままに | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Cherry Blossoms in Rainy Skies of Osaka

The cherry blossom tells us an end of Winter in all over Japan.

 

This Spring is too rainy to shine the blossoms into bright pink.

 

 

However, we have gorgeous days here in Osaka.

 

 

Enjoy the Beauties of daily scenes in Japanese seasonal changes.

医療法人IDC | 思いつくままに | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年:酉年の始まりです

 

明けましておめでとうございます。   例年より暖かい朝で雲も少なく、ほぼ日の出時刻に初日の出を拝むことが出来ました。 私が子供の頃は、鶏の鳴き声がそこかしこで聞こえてたなと、酉年になって思い出しました。  生活習慣や住環境の急速な変化を実感します。

 

 

サンペイも初日の出を拝みに連れて来られました。  例年にも増して多くの人と犬が集まり、興奮しまくった後の一枚です。

 

年末からやや風邪気味のサンペイ、咳は出ますが極めてご機嫌です。 気管支拡張剤と抗菌剤を服用して2日目、少し良くなっています。  やはり犬も風邪をひくみたいです。

 

 

 

元旦最初の御勤めは恒例の初詣です。

 

 

 

家内と二人で長岡天満宮へお参り、家族全員のお賽銭を奮発し無病息災を願って来ました。  40年以上通っていますが、京都縦貫道のおかげで往復1時間もかかりませんでした。

 

 

 

境内では搗き立てのお餅が100円で提供されています。  初めての企画ではないでしょうか?

ふわふわ熱々の小餅が3個、辛味大根と醤油、こし餡、きなこの3種のねたが用意されていました。

 

私はもちろん辛味大根で、家内は3種をそれぞれを小餅に付けて頂きました。 今年初めての食事です。  我々が頂いたのは1番搗きの最後のお餅だったそうで、縁起が良いなあと喜んでしまいました。  提供して下さっている青年会の人が、「俺も食べたい!」と何度も言われていたのが、とても微笑ましかったです。

 

 

 

昨年度は何かと忙しく、私のお楽しみ、京都錦市場への買い出しへも行けず、年末年始を家内と二人で過ごす、結婚以来初めての元旦となりました。  

 

お参りを済ませて超簡単な(?)即席お節、前日、阪急百貨店で買ったお餅をいれたすまし雑煮で新年を祝いました。

簡単簡素なのも良いものです。   でも、錦で白味噌と削り節を買えず、白味噌のお雑煮を頂けなかったのが心残りです。  今年はもう少しゆとりを持って、日常を過ごせるように精進したいと思います。

 

本年も皆様にとってより良き1年であることを祈念しております。

 

医療法人 IDCでは昨年以上に「人に寄り添う歯科医療」を目指して邁進する所存です、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
突然の腰痛で丸2日お休みさせて頂きました

木曜日の朝9時過ぎ、診療の段取りを始めるため、何気なく診療机にあるパソコンの画面を見ようと、腰を屈めたその瞬間、「グジュッ」という感触が腰椎の下方であり、瞬く間に腰に強い痛みが起こり出しました。

 

何時もの腰の痛みよりやや下方で痛みが生じています。   さて、どうしたら良いか! 

診療は直ぐに始まる、しかし、足を一歩踏み出しても痛みが走る、とても診療椅子には座れない、姿勢を変えることが出来ない、、、。  痛みのために、徐々に気分が悪くなり、人間の痛みに対する弱さが露呈し始めました。

 

とても診療できる状態ではないと判断し、スタッフに今から整形外科へ行くので、予約している患者さんや往診先に断りの連絡をしてくれるように頼みました。  医院を始めて30年、全く初めての事態です。

 

幸い、山林先生と中川先生が段取りを考えますので、早く診察を受けに行ってくださいと言ってくれ、後事を託して自宅へ帰ることにしました。  何とか駐車場まで歩き、車の運転席に座って一息つきました。  しびれなどは無く、同じ姿勢を保っていれば痛みはそれほどでもありません。 運転には支障はなさそうです。  

 

家に着き、車の中から家内に電話をし、そのまま近くの整形外科へ直行しました。

 

レントゲン検査の結果、診断は「腰部椎間板症、変形性腰椎症」とのことでした。

 

 

ヘルニアではなく、老化と腰を酷使した結果起こる病気だそうです。  重いものを持ったり、前かがみや中腰姿勢を長く続ける職業(歯医者はその典型です)、激しい運動をするスポーツ選手などがかかりやすいそうです。

 

以前から私の腰椎のレントゲンでは、これ以上腰椎が前に倒れ込まないように大きな「骨棘」が出来ていて、第5腰椎と仙骨の間が曲がらないようになっています。 つまり、椎間板に対する過重負担を自然に防いでいるらしいですが、それでも、ちょっとした腰の動きで今回の痛みが起こったようです。

 

治療は、急性炎症を抑えるために、冷シップや鎮痛剤の服用と安静だとのことで、これも神様に頂いた貴重な時間かなと、妙に納得して、兎に角1日安静にして様子を見ました。  氷で冷シップしの後、温浴、ボルタレン25mgx2錠を1日2回、湿布薬の局所添付、そして楽な姿勢で安静を保ちました。

 

しかし、夕方になっても痛みが引かず、明日も診療は無理と判断して、金曜日も休みたい旨スタッフに連絡しました。   2日間安静にすると、何とか動けるようになり、土曜日から出勤し、午前の診療と午後からの往診をしましたが、やはり腰をかばいながらの診療は疲れます。

 

体の要と書いて腰です。 改めて腰の大切さが判りました。  ご迷惑をかけた患者さん、細かい気配りをしてもらった診療所のスタッフと先生方、それに整形の平賀先生、助かりました。

この場を借りて御礼申し上げます。  有難うございました。

医療法人IDC | 思いつくままに | 16:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
総合支援施設 みずほおおぞら(大阪府豊中市)

社会福祉法人 大阪府社会福祉事業団が、新たに豊中市走井に開設された事業所の竣工式に招かれて出席してきました。 障害者支援事業(就労継続支援B型、生活介護、就労継続支援A型、施設入所支援、短期入所、日中一時支援)と高齢者支援事業(地域密着型特別養護老人ホーム、短期入所生活介護)を併せて実施する、大阪府下でもめずらしい形態の施設です。

 

大阪府社会福祉事業団の実践的理念は、「よりそう想い、つながる心」と言う精神が、その根幹を成しているそうです。 

 

奇しくも医療法人IDCでは、「患者さんに寄り添える歯科医療従事者に成ろう」を標語に、毎日の業務に取り組んでいます。  特に有病高齢者の方々と接する機会が増えるに連れ、この思いが強くなってきました。

 

4階は屋上庭園と農園が設けられ、周りを囲む遊歩道からは、大阪国際空港の離発着が眺められ、素晴らしい景観を満喫出来ます。

 

そして、招待者には素敵なプレゼントが用意されていました。

就労支援を受けて居られる、「みずほおおぞら」の利用者の方々の手作りコースターです。  因みに、元々みずほ・おおぞらは豊中市立障害福祉センターとして運営されていましたが、この度大阪府社会福祉事業団へ引き継がれ、新たな出発をします。

 

もう一つ、美味しいクッキーのお土産も!  これは東大阪市にある就労継続支援事業所 OSJ工房よりそいの丘のCiel(しえる:フランス語で空の意味)で造られたものです。

 

実は今、7歳と3歳の孫が帰省中で、早速おやつの時間に頂きました。  「おいしい!」と風邪で40度の熱があるのに満面の笑みでした。  保存料を含まない、これも食べる人に優しい、寄り添うお菓子です。 悲惨な事件に心を痛めながら、私もとても切なく悔しい思いで、このクッキーを頂きました。 

 

おやつの後は、今年2度目の爺の歯科検診、虫歯もなく一安心、それにしても大きくなりました。

 

歯科と言う仕事を通じて、いろいろな経験や勉強をさせてもらえることを、本当に大切しなければと感じています。  今後も、真に患者さんに寄り添える歯科医療を考えてゆきます。

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/9PAGES | >> |