profile
profilephoto

理事長 伊吹 薫
[生年月日]昭和23年2月21日
趣味:山歩き、スキー、旅行、映画鑑賞
診察内容や、診察時間、料金、ご質問などは、医療法人IDCのサイトへアクセスをお願い致します。
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
万博公園で3密を避けてコロナ疲れを癒す

コロナ疲れと言う言葉を耳にするようになりました。

 

皆様も閉塞感と先の見えない苛立ちを感じられていることと

 

思います。 私も3月から公共交通機関は利用せず、車で

 

診療所を往復する日が続いています。 もちろん外食も一切

 

していません。 

 

先日、晴れ渡った日曜日、気分転換に万博公園を歩いて

 

来ました。

 

 

開園の9時30分には少し早く、駐車場もガラガラでした。

 

 

 

ニフレルの予約は既に午前中は満杯でした。喜ばしいこと

 

です。

 

 

 

今日はマスクをしないで歩き回る積りです。

 

 

 

新緑に目が癒されます。

 

 

 

ランニングのパーティー、もちろんマスクは無しです。

 

 

 

WEB予約のBBQサイトもオープンしています。

 

 

 

独立したBBQサイトもあります。 

 

 

 

このBBQサイトは近場でキャンプ気分が味わえるので、

 

何時か皆で来たいと思います。

 

 

日本初の小型ヨット単独無寄港太平洋横断に成功した

 

堀江健一さんのアホウドリ号も健在です。

 

 

 

後ろから見る太陽の塔は過去を象徴しているとのことです。

 

 

 

模型ボートを走らせているグループがおられました。

 

 

 

かなりレベルの高い趣味だと感心して見とれました。

 

 

 

模型は数十艘あった様に思います。   電気で動くものも

 

あれば、内燃機関を備えている物もありました。  

 

1日見ていても飽きないでしょう。  

 

通りがかった子供がラジコンを操作させてもらっていました。

 

昔懐かしい、人の触れ合いを感じる光景でした。

 

 

 

BBQをしたり、1日ゆっくり広い場所でくつろげる施設も出来て

 

います。

 

 

 

皆が自由に空間と時間を占有出来る感じです。  奥にあるのが

 

レンタルスペースで定員は各10名とのことです。

 

 

 

今日のメインは紫陽花を見ることでした。

 

 

 

もう少し早く来た方が良かったかも知れません。

 

 

 

でも梅雨の合間の好天で晴々した気持ちになりました。

 

 

チョットした林間散策の気分にもなれます。

 

 

 

万博BEASTとと言う、巨大フィールドアスレチックが出来て

 

います。

 

 

安全のためハーネスを着けて遊びますが

 

 

 

結構、気合を入れないと遊ぶのは難しそうです。

 

高所恐怖症の方はまず無理でしょう

 

 

一人で4時間程歩き回り、歩行距離は14kmでした

 

マスクを着けず、新鮮な空気をいっぱい吸うことが出来、適当に

 

汗もかき、素晴らしい気分転換になりました。 

 

自分にご褒美の父の日を過ごせました

 

健康と自然に感謝!

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 20:16 | comments(0) | - | pookmark |
新型コロナウイルス対策下の歯科診療所

新型コロナウイルスはグローバリズムやインバウンドと言った、

 

地球規模の成熟した交流拡大に冷や水を浴びせると同時に、

 

我々の日常生活の在り方に警鐘を鳴らし続けています。

 

老子が唱えた究極の平和、それは「小国寡民」でした。

 

出来るだけ人の少ない小さな集落で、他との交流を断ち、自給

 

自足の生活を続ければ、人と人の争いごとや戦いは避けら

 

れると言う説です。 戦争も、伝染病の伝播も生じる余地は

 

ありません。 皆様も良くご存知の究極の理想的な平和郷です。

 

しかし人類の歴史を振り返れば、これが理想?夢想?無理

 

であることは明らかです。

 

人と人の無限の繋がりが、歴史を造り、文明、文化、科学を

 

発展させ、それにより我々は計り知れない、人類としての利益と

 

生きる喜びを享受して来ました。 

 

数多くの疾病を克服し、戦いを平和に導き、人種間の固有

 

の習俗や言語、文化の垣根を取り除いて来ました。

 

しかし、検疫隔離、都市封鎖は正に「小国寡民」そのものです。

 

町の小さな歯科診療所でも、それなりの努力と工夫で、

 

健康福祉の一端を担おうと努力しています。  これは人と

 

人との繋がりを維持し、即ち「小国寡民」を乗り越えて、

 

健全な日常生活営むための一歯科医師としてのささやかな

 

役割だと私は考えています。

 

 

 

 

3密を避けましょうと言うのが世界標準の今です。

 

「2メートル以上空けて下さい」となると、いぶき歯科医院で

 

は、今まで6人の人が座っていたところに2人の方が座る

 

事になります。  「密閉しない」となると、外気を取り入れ

 

換気をする為に、換気扇や空調の他に、扉を開放することが

 

必要です。  これが今の、いぶき歯科医院の待合室です。

 

 

恐らく、これからはこれくらいの空間に4人くらいが座る

 

ことが普通になるのでしょう。   狭い日本の家屋では

 

建築学的革命が進行するので無いかとさえ思います。

 

 

 

非接触型検温計を日常的に使用することは当たり前になりました。

 

いぶき歯科医院ではスタッフはもちろん、全ての患者さんと

 

来訪される方の検温を実施しています。

 

又、訪問診療先には、訪問に先立って、診療に当たる歯科医師、

 

歯科衛生士、事務職員等全てのスタッフの検温結果や健康状態

 

を、その都度連絡してから訪問し、安全を担保しています。

 

 

 

これは当院で従来から使用しているサージカルマスクと言われ

 

るものの標記です。 HEPA-R3とは、BFE(細菌濾過率)が

 

99.6%以上であると言う事らしいです。

 

FDA(米国食品医薬品局)はこのBFEが95%以上のマスクを

 

サージカルマスクとしています。

 

細菌は普通1.0µmで、ウイルス0.1μmの10倍の大きさです。

 

従って、ウイルスそのものは侵入してしまいます。

 

しかしウイルスは唾液などの水分を含んだ飛沫(エアロゾル)

 

と共に拡散し、この飛沫の大きさは3.0μmから5.0μmと言う

 

事ですので、くしゃみ等で飛散するウイルスはマスクで

 

捕捉されると考えられています。

 

2月末ごろからこのサージカルマスクの不足が顕著となり、

 

3月、4月で納品されたものは50枚入りで4箱のみでした。

 

当院では、従来、1日に付き一箱消費していましたので、

 

対策に頭を痛めました。

 

サージカルマスクの不足だけでなく、高額で規格不明の

 

マスクが出回り始め、医療品納入業者も判別が出来ない状態が

 

続いています。

 

そこで、診療用のマスクを自己管理とし、各自がガス滅菌した

 

マスクを再使用(2-3回)することとしました。

 

これは現在厚労省でも「N95マスクの例外的取り扱いについて」

 

と言う通達www.mhlw.go.jp/content/000621007.pdf

 

でも示されており、この方法を準用しています。

 

 

 

 

 

 

上図の右は、3層の不織布で作られた防水使用の手術用ガウンと

 

同じ生地で作成されたマスクです。

 

私はこのマスクとサージカルマスクを重ねて現在使用していま

 

す。微生物の浸透と、マスク本来の密閉性の両立を考えた併用

 

です。

 

 

 

私が実行しているEB-PPE(診療時の防護:目と体の個人防護具)

 

です。前述のマスクに加え、手袋、ゴーグル、不浸透性エプロン

 

それに帽子です。

 

 

ウーン、親しみの持てない格好で、歯科恐怖症の方には果たして

 

これで良いのかと思っています。 しかし、これからはこの

 

格好が基準になるのではと考えています。

 

 

現在の歯科の感染対策は、歯科処置自体が消化器外科手術と

 

同等レベル位置づけられており、細かい器具の一つ一つも

 

除蛋白・消毒・滅菌処理を施した上使用しています。

 

又、使い捨て機材の使用も日常化しています。

 

 

 

1991年米国のHIV感染者の歯科医師から患者が感染したという

 

事態が発生し、大問題なったキンバリー事件と言うのが

 

あります。  当初は歯科医師が患者に自分の血液を注射した、

 

のではないかと言われました。 この歯科医師が死亡したために

 

真意は不明のままでした。 その後の大規模な究明捜査の結果、

 

注水型の切削器具(ハンドピースと言います)で歯牙を削り

 

終わって回転が止まった一瞬、注水部が陰圧になり患者さんの

 

口腔内の分泌物(唾液)がハンドピースの内部に吸い込まれてい

 

ことが判明し、これが感染の原因であることが判りました。  

 

30年以上前、当時はハンドピースの表面のみを消毒していま

 

したので、次の患者さんに使用する時に吸い込まれたものが、

 

再び噴出していた事実が見逃されていたのです。  

 

これが感染の原因でした。 suck backと言われる器材特有の

 

現象です。

 

そこで、直ぐに改良が行われ、現在すべてのハンド

 

ピースにはサックバック防止機能が付いています。

 

 

又、いぶき歯科医院ではハンドピースは患者さん毎に交換

 

し、滅菌処理を施しています。  もちろん切削用の

 

バー類も全て滅菌処理をしています。

 

つまり、患者さんの口に入る全ての器材は滅菌済だと言う事

 

です。

 

 

 

 

 

 

更に今は、エアロゾル発生時のリスク低減のため、外気の導入

 

と排気による換気(右壁の窓は開いています)、更に集塵装置と

 

吸引を併用しています。

 

 

 

 

診療終了毎に、次亜塩素酸水による治療椅子回りの消毒を徹底

 

し、安全な医療環境を創出しています。

 

幸い、10数年前から次亜塩素酸水を診療に取り入れていました

 

ので、毎日大量の次亜塩素酸水で隈なく除菌しています。

 

患者さんには診療前に、検温、低濃度次亜塩素酸水での、

 

ブクブク・ガラガラうがいをお願いし、更に口腔内は

 

過酸化水素水で消毒してから診察をさせて頂いています。

 

人類は感染との戦いに生き抜いて来ました。

 

これからも続くと思いますが、皆で頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 19:41 | comments(0) | - | pookmark |
自宅隔離中の筋力低下に打ち勝とう

 

これは私が参加している尼崎市地域ケア会議代表者会議で

 

紹介された、尼崎市 包括支援担当課が作成された

 

介護予防・重度化防止ハンドブックです。

 

高齢者社会で如何に健康寿命を延ばして行くかが主眼です。

 

 

 

 

フレイルとは、日本老年医学会が提唱した造語で、英語の

 

Frailty(虚弱)に相当します。 分かり易く言うと

 

「加齢により心身が老い衰えた状態」と定義されています。

 

フレイルは概念的に、次の3つの要素があります。

 

 

 /搬療フレイル:運動器(骨、軟骨、関節、筋肉)

 

  骨粗鬆症や変形性関節炎等で、これはロコモーティブ

 

  シンドロームと言われています。

 

  更に、加齢による骨格筋量減少と筋力低下をきたした

 

  場合は、サルコペニアと診断されます。

 

  加齢による筋力低下は40-50歳位から生じると言われ、

 

  タイプ響^檗並筋繊維)で構成される体表近くの

 

  抗重力筋が最も影響を受けやすいことが判っています。

 

  今回はサルコペニアにならない様、この抗重力筋の

 

  自宅でのトレーニングを後段で紹介します。

 

 

◆/翰的・精神的フレイル:脳

 

  認知機能低下や鬱症状

 

 

 社会的フレイル:社会性

 

  閉じこもり状態

 

 

フレイル状態の幅は実に広く、殆ど健常者と変わらない場合も、

 

又、要介護に近づいている場合もあります。

 

しかし、軽いフレイル状態の場合は適切な予防法を実行する

 

ことで、進行を抑えられることが判っています。

 

 

 

 

例えば、咬む、飲み込む、話す筋肉の力を維持するための運動

 

と、お口の中を清潔に保つこと、口腔ケアの重要性は皆様よく

 

ご存知だと思います。  口腔内細菌を減らすことが、

 

インフルエンザや肺炎の予防になり、引いては入院などによる

 

更なるADLの低下を防ぐことが判っています。

 

 

この他、このパンフレットでは栄養や、日々の生きがい、

 

社会参加の重要性、運動や睡眠、排便・排尿について解説され、

 

更にかかりつけ医や服薬指導にも言及されています

 

 

 

さて、この連休ではコロナウイルスで自己隔離されている方が

 

殆どだと思います。  

 

高齢者ではないのに、現在では日本中が社会的フレイル、精神的

 

フレイルに陥っています。  

 

では、身体的フレイル(ここではサルコペニア)にならない

 

ように毎日どう過ごすべきでしょうか。

 

 

私の場合を例にお話しします。

 

 

私は毎日犬と5−10kmの散歩、それと以下に紹介する、

 

トレーニングをしています。 散歩や軽度の運動にはサルコペ

 

ニア予防の明確なエビデンスはありません。 しかし以下に

 

述べる筋肉に負荷をかけるレジスタンス運動を持続することに

 

よって、骨格筋機能の改善が期待され、推奨されています。

 

更に、運動後に必須アミノ酸の中の分岐鎖アミノ酸、

 

ロイイシン、バリン、イソロイシンを含む

 

branched-chain amino acid:BCAA顆粒製剤を服用

 

することが推奨されています。これにより蛋白質の強化を

 

促しながら、骨格筋の質の改善と筋力増強効果が認められて

 

います。

 

抗重力筋とは立ったり座ったり、歩いたり、走ったり、

 

背筋を伸ばしたり、階段を登ったり降りたり、

 

首や頭の姿勢保持等の根幹を成している筋群です。

 

睡眠が深くなると抗重力筋は弛緩し、姿勢保持は出来なく

 

なります。 余談ですが、閉塞性睡眠時無呼吸症は抗重力筋

 

である下顎を保持する筋群や舌の筋肉が弛緩するために起こり

 

ます。

 

 

 

さて、私のレジスタンス運動を紹介します。

 

真剣にやっているので、笑わないでください。

 

 

 

タオルの両端を肩幅の位置で握り、顎を引いて、腹筋に力を

 

入れ背筋を伸ばします。 10数えて1SETとしています。

 

加齢の影響を最も受けやすい抗重力筋の内、頸部筋群、腹筋群、

 

等を鍛えます。  回数や持続時間は特に決めていません。

 

 

 

続いて、両手をそのまま下方へ可能な限り下げます。

 

これも時間や回数は、私の場合は適当です。

 

 

 

僧帽筋、上腕2頭筋、広背筋群に力が入っているのがお分かり

 

いただけるでしょうか? 私は脊椎側弯があり、左右のバランス

 

が変ですが、若い人だと左右対称で、肘が脇腹に着くぐらい

 

曲げられます。

 

私は元々若い時から体が硬く、これが限界です。

 

 

 

顎を引き、頭を前屈しない様に耐えなければなりません。

 

 

 

そして、スクワットです。 タオルを持っても、腕組をしても

 

良いので、膝を前に出さず、上体が前屈しない様に屈伸します。

 

私は、大体60-100回位を目標にスロースクワットを

 

しています。 中殿筋、大殿筋、大腰筋、大腿四頭筋、

 

ハムストリングス、広背筋、腹筋群に効きます。

 

この写真はお手本にはなりません、これが私の体幹の限界で

 

しょう。  歳には勝てないとは良く言ったものです。

 

 

 

 

そして、ニュージーランドのオールブラックスで有名な、

 

マオリ戦士の踊りハカの決めポーズで締めくくります。

 

 

大きく眼、口を開け、思いっきり舌を出します。

 

両手を大きく広げ、胸を張り、相撲の四股の姿勢を取ります。

 

この状態で、両側のかかとを上げ下げします。

 

舌筋、口輪筋、頬筋、舌骨上筋・下筋群、眼輪筋等や、

 

前記の下腿の筋群に加え、腓腹筋、ヒラメ筋、前脛骨筋、

 

肩、僧帽筋を始めとする肩甲帯の筋群、更に前腕の筋群を

 

鍛えられます。

 

毎日、これだけという目標は立てず、出来る時に出来る場所で

 

すると、私の場合は何とか継続出来ています。

 

1−2帖分のスペースがあれば良いので、家でも仕事場でも、

 

時間があれば、そして気が向けばやっています。

 

皆さんも、この検疫による自己隔離を、工夫をしながら、

 

乗り切って下さい。  

 

感染症と戦う毎に人類は進歩して来ました。 

 

先人の労苦を再度検証しつつ、最前線でウイルスに

 

立ち向かって居られる医療従事者を始め、多くの関係者の方々

 

に敬意と感謝の念を持って、この時間を過ごしたいと思います。

 

 

何時かは素晴らしい夜明けが来るでしょう。

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 15:30 | comments(0) | - | pookmark |
新型コロナウイルス流行期における当院の対策と取り組みについて

想像を絶する新型コロナウイルスの世界的流行の中で、課題が

 

大きく多様過ぎて、ブログの更新が出来ませんでした。

 

現時点での、医療法人IDCとしての診療体制や新型ウイルスに

 

対する取り組み方法を以下にまとめましたので、参考にして

 

頂ければ幸いです。

 

 

 

     診療・事務スタッフ及び担当医の出勤要件

 

 

 )椰佑37.0°C以上の発熱がある場合、及び同居の家族が

 

  37.0°C以上の発熱がある場合は、当日及び解熱後2日間

 

  は出勤不可とし、発熱日から4日目に院長又は法人代表者

 

  が健康状態を確認の上、出勤の可否を判断する。

 

 

◆)椰佑惑は無いが、味覚・嗅覚異常、咳、倦怠感その他の

 

  体調不良がある場合は、出勤不可とする。 

 

 

 ゝ擇哭△両豺腓如⊂評が3日以上継続する場合はかかり

 

  つけへ連絡の上適切な医療機関への受診を指示する。

 

 

ぁ‘欝錣硫搬欧新型コロナウイルス感染陽性となった場合、

 

  及び同居の家族が職場などで濃厚接触者となった場合は、

 

  本人が陰性であっても2週間の出勤停止とし当該家族との

 

  接触を禁止する。

 

 

ァ)椰佑新型コロナウイルス感染陽性の場合は出勤停止と

 

  する。

 

 

Αゞ侈各以外に発熱などの症状があった場合は、出勤当日に

 

  症状が改善していても前記の基準を適用し、更に院長

 

  もしくは法人代表に報告し指示を仰ぐこととする。

 

 

 

    診療室・待合室及びスタッフルームの管理について

 

 

 〇篭帆亜昼休憩時、終業後、全ての室内を次亜塩素酸水にて

 

  消毒する。 特に終業後は壁面、床面、診療台の全ての部分

 

  に次亜塩素酸水を散布し翌朝まで拭き取らずに放置する。

 

 

◆/芭甜宍擇啾垤膽爾亮柴盍控い鯏按譴垢襦 幸い、外気温が

 

  高くなる時期で、室内暖房温度を上げることにより比較的

 

  温度維持が可能と思われる。

 

 

 待合室には4人以上入室しないよう配慮し、人数が多い場合

 

  は医院玄関外に配置する椅子での待機を要請する。

 

 

ぁ…名鏘般海嚢圓辰討い覺鏡予防措置(エイズ、ウイルス性

 

  肝炎等)に加え、1名の診察終了後毎回、診察台全体と

 

  その周囲を次亜塩素酸水にて消毒する。

 

 

 

          診察に当たっての配慮

 

 

 ‘室前に必ず検温を実施し、37.0°C以上の場合、及び

 

  体調不良等の異常を認める場合は診察をお断りする。

 

  新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触者に該当する方

 

  も、発熱などが無くても当日の診療は見合わせて頂く。

 

  但し、歯や口に起因する感染症で発熱している場合は

 

  この限りではない。

   

 

 

◆ゞ杁淺垈槌鬚両豺腓鮟いて、エアロゾルが発生する器具を

 

  使用しない。 通常の歯を削る器具や歯石除去用のエア

 

  スケーラーなどがこれに該当する。

 

  但し、院長が必要と認める場合は、エアロゾル発生に対処

 

  できる診療区画(いぶき歯科医院では2か所、

 

  ヒロデンタルクリニック・アリス箕面は通常の個室診療室)

  

  で処置を行う。

 

 

 埋伏歯抜歯、インプラントなど、骨開削や歯牙の切削を

 

  要する、緊急性の少ない処置は当面見合わせる。

 

 

ぁ〉覯柴盪覿生〆此⊃臾音無呼吸症の口腔内装置装着時の

 

  内視鏡検査は当面見合わせる。

 

 

ァ〉覯湿祿牡擬圓悗猟樟楫盈や口腔内を刺激する間接訓練は

 

  当面見合わせる。 

 

 

 

       診察時の個人防護具(PPE)について

       personal protective equipment

 

 

感染蔓延地域(兵庫県、大阪府はこれに該当する)で、

 

新型コロナウイルス感染陽性・疑いのある方を、当院では

 

全く診療しない事を前提としています。

 

 

EB-PPE(Eはeye, Bはbody)と言ってサージカルマスク、手袋、

 

ゴーグルもしくはフェースシールドによる歯科診療時の標準

 

防護策に加え、ガウン又は不浸透性をエプロンを使用する方法

 

を採用。   更にヘッドキャップの使用も継続しています。

 

これはコロナウイルス蔓延地域で感染未確認症例に対応した

 

もので、前記の「診察に当たっての配慮の の事項に該当する

 

患者さんは診察対象外です。

 

 

 

         訪問診療と口腔ケアについて

 

 

口腔細菌が誤嚥性肺炎の発症に関連していることから、口腔ケア

 

によって口腔内細菌数を減らすことは、不顕性誤嚥(寝ている間

 

などに、無意識に唾液を誤嚥すること)による、肺炎発症リスク

 

低く押さえることは医学的に証明され、良く知られています。

 

 

又、独居の方などへの訪問診療は、stay at homeを推奨されて

 

いる現状において、健康状態やADLの変化を日常的に歯科医師の

 

立場から見守り、多職種の方々と情報交換を行い、患者さんの

 

僅かな変化でも見逃さないための大きな力になっています。

 

特に認知機能の衰えた方や、筋力や気力が低下した方々には

 

欠かす事の出来ない、日常的な医療支援と言えます。

 

 

しかし、口腔ケアはエアロゾル発生手技に分類され、不適切な

 

個人防護具(PPE)では歯科衛生士や歯科医師、介護担当者

 

が飛沫感染やエアロゾル感染にさらされることになります。

 

このことにより、もし仮にコロナウイルス陽性者の口腔ケアを

 

行った場合は更に感染拡大を生じることとなります。

 

 

その上で、医療従事者としてのこの相反する事柄を少しでも

 

リスクのない状態で継続実施してゆくことが、肺炎発症リスク

 

低減を担保する上で最も重要ではないかと、私自身は現在の

 

ところ結論付けています。

 

 

 

その為には、今までに記述した事を踏まえた上で次の4点が

 

基本となります。

 

 

 

 )問に携わる歯科医師、歯科衛生士、事務担当者が現在の

 

  基準で、ウイルス感染を疑う所見がないこと。

 

 

◆)問先の患者さんやスタッフ、御家族がウイルス感染を疑わ

 

  せる所見がないこと。

 

 

 歯科治療や口腔ケアに際して、エアロゾルが発生しても防御

 

  出来る個人防護具の装用を徹底し、処置後の周辺部分や機材

 

  の除菌作業を行う事。

 

 

ぁ)問前・後の患者さんやご家族の身体情報を常に把握する

 

  こと。

 

 

 

以上が現時点における、いぶき歯科医院での取り組みの現状で

 

す。時々刻々、情報が発信され変更点も多いことからこの

 

ブログの内容も再検討することが必要になるとは思いますが、

 

今は、当院として出来る方策を可能な限り遂行してゆく所存

 

です。

 

 

桜も散り、つつじの咲く平年なら最高の季節となった今日この頃

 

ですが、皆様方とこの苦難を乗り越えて行きたいと思います。

 

皆様、くれぐれも3密を避け、新たな脅威に正しく恐れ、正しく

 

対処して行きましょう。

 

 

サンペイは「サンペイこっち向いて」と言っても振り向かず、

 

「サンペイ御飯」と言うと振り向きカメラ目線になる今日

 

この頃です。

 

 

 

 

 

 

 

            参考資料出典

 

 

日本歯科医学会、日本老年医学会、日本嚥下医学会、

 

WHO_COVID19重症急性呼吸器感染症管理暫定版、

 

日本摂食嚥下リハビリテーション学会、

 

日本環境感染学会、日本口腔外科学会、

 

厚生労働省ホームページ、日本感染症学会、日本呼吸器学会、

 

東京医科歯科大学歯学部コロナウイルス対策指針等

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 歯とお口の健康手帳 | 12:22 | comments(1) | - | pookmark |
万博記念公園梅まつり

人の集まりが制限されているおかげで、自分の時間を過ごせる

 

と言う、嬉しいのですがこれで良いのかと思う毎日です。

 

日曜日は素晴らしい晴天で、散歩にはうってつけの日和でした。

 

家内と二人梅を見に万博記念公園を訪れました。

 

 

 

 

自然文化園には120種、600本の梅があるそうです。

 

 

 

名前は忘れましたが、白と桃色の花びらが一つの花に咲いて

 

います。

 

 

 

 

楊貴妃と言う名前の豪華な梅です。

 

 

 

 

太陽の塔が何時もより輝いている様に感じます。

 

 

 

 

皆が思い思いの時間を堪能されているようでした。

 

春は心がときめく時間を与えてくれます。 幾つになってもこの

 

感覚は変わらないようです。

 

 

 

 

¥1000で¥1100分の梅酒が試飲できる催しがありました。

 

20ml¥800−と言う、最高級梅酒に挑戦しました。 

 

その後、¥100−の梅酒も頂きましたが、

 

うーん、、、、やっぱり両方とも梅酒でした。

 

 

 

 

マスクをして2万歩近く歩きました。 鼻が詰まった状態で

 

歩いている様な感じで、酸素が十分に体に行きわたらない様な、

 

恐怖感とは言えませんが、違和感がありました。

 

やはり戸外では、マスク無しで新鮮な空気を存分に吸って

 

過すのが最高だと感じた1日でした。

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 20:33 | comments(0) | - | pookmark |
信州蓼科でのスキー:孫との偶然の遭遇

コロナウイルスが猛威を振るっているために、各種会合が中止や

 

延期に追い込まれています。

 

私も22日(土)、23日(日)は東京大学医学部で開催予定の、

 

日本口腔外科学会教育研修会に出席する予定でした。

 

しかし、17日(月)に中止する旨の連絡を受け、急遽22日

 

(土)は医院で仕事をすることとし、夕方から、I先生が

 

企画されていたスキーに参加させてもらう事にしました。

 

 

 

22日午後5時から正真正銘の爺さん3人が、車で信州へ向かい

 

ました。 夕食は買って置いたコンビニ弁当を車中で食べると

 

言う、ハングリーな移動で、蓼科の女神湖へ夜の10過ぎに

 

到着しました。 I先生が懇意にされている小梨ロッジに

 

駆け込み、お風呂を頂いてから、持参の御酒類でしばし歓談、

 

その後爆睡。

 

昨日の移動中は、雨が降ったりしていましたが、翌朝は快晴、

 

白樺高原国際スキー場で今シーズン2回目のスキーを楽しみました。

 

 

 

蓼科山の頂上は強風のため雲が吹っ飛んでいましたが、ゲレンデ

 

風もなく穏やかでした。

 

 

 

明け方に少し積雪があり、コンディションもまずまずと言った

 

所です。

 

 

 

想像していたより、混んでいましたが、日頃の行いが良いのか?

 

天候には恵まれました。

 

 

 

ゲレンデは全面滑走可能ではありませんでしたが、爺さん

 

連中を十分に楽しませてくれました。

 

 

 

信州は何といってもお蕎麦、お昼にとろろ蕎麦を頂きました。

 

 

 

午後3時頃まで滑り、湯川(ゆがわ)温泉河童の湯(¥400)

 

汗を流して帰宅しました。 帰りはパーキングエリアで夕食を

 

食べましたが、黒丸PAと言う所の閉店時間(午後9時)に

 

何とか間に合い、唐揚げ親子丼にありつけました。

 

 

さて、スキー場でサプライズがありました。

 

 

 

「あれ、お爺ちゃんだ!」と、東京の娘一家と偶然ゲレンデで

 

遭遇しました。 娘が赤ん坊の頃から家族で女神湖畔へは良く

 

来ていました。 歴史はまさに繰り返しています。

 

 

 

孫達は初めてのスキーで、前日スキースクールに入り、

 

なんと、滑れるようになっていました。

 

 

 

このスキー場のゴンドラに乗って一番上まで行くのは初めて

 

だったらしいです。

 

 

 

爺さんももっと足腰鍛えて、サルコペニアにならない様に頑張

 

るぞと言う意欲が湧く、幸せな遭遇でした。

 

 

と同時に、コロナウイルスによる惨禍がこれ以上拡大し、

 

罹患する方々が増えないことを祈りました。

 

 

マスク不足に如何に対応するか、手指消毒と手洗いの徹底、

 

診療器具以外のアルコール清掃実施、更に、我々自身の健康

 

管理に細心の注意を払うなど、考えられる予防策を着実に

 

実行出来るよう努めようと、毎朝話し合い確認しています。

 

乗り切るためには、各人の意識を高めることが重要だと

 

再認識しています。

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 20:50 | comments(0) | - | pookmark |
今シーズン最初のスキー

予報では暖冬と言うことで理解はしていましたが、本当に暖かい

 

日が続き、気候変動の凄さを実感している今です。

 

 

 

2月11日の建国記念日に爺連中は奥神鍋スキー場にやって

 

来ました。 奥神鍋も今年初めて降雪によるスキーが出来た

 

と言う位に雪不足に悩まされています。 兵庫県のスキー場

 

経営は、今や瀬戸際状態とのことです。

 

 

 

フレイル(虚弱)予防は高齢者に必須なので、時々スクワット

 

などはしているのですが、果たしてスキーが出来るのか?

 

結果は、今年も自分の筋力の衰えを実感しました。

 

結論は、もっと筋トレをしなければいけないと言う事です。

 

もちろんシニア割引で1日券3500円、年齢確認の免許証が

 

無くても顔パスでOKでした。 少し寂しいと言うのが本音です。

 

 

 

朝5時起きで、6時に伊丹集合、現地には8時30分に着きました。

 

ヒト滑りのウォーミングアップ後、11時ごろに軽食を食べ

 

ようとしましたが、レストハウスは全て開店休業状態でした。

 

奥神鍋に就学時前から(65年以上前)スキーに来ていた

 

I先生が懇意の民宿があり、そこでやっと食事が出来ました。

 

私は月見うどん(580円)をお願いし、K先生はキツネうどんを

 

注文ししました。 K先生がキツネうどんに卵追加を所望し

 

たので、私は月見うどんにキツネ追加をお願いしました。

 

普段、御出汁は飲まないのですが完食しました。

 

何と、追加のお代をサービスして下さいました。

 

生来貧乏性なので、物凄く得をした気分です。 

 

幸せな1日でした。

 

 

医療法人IDC | 歯医者の非日常 | 18:16 | comments(0) | - | pookmark |
医療法人IDC 2019年度忘年会

遅くなりましたが、令和元年(2019)の忘年会のご報告

 

です。私のコンピューターが今一つ言う事を聞かず、

 

ブログが滞ています。

 

 

 

昨年も箕面にある風の杜山荘にお世話になりました。

 

大阪平野を一望出来、アベノハルカスや生駒山を望むことが出来

 

ます。

 

 

 

宿のおっさんではなく、杉田、上田、藤川先生です。

 

忘年会の周到な準備をして下さいました。 有難うございます。

 

 

 

まずは乾杯、今回は大宴会場ではなく、レストランを占有して

 

忘年会を開催出来ました。

 

 

 

土曜日も仕事があり、少し遅れてくるスタッフもいます。

 

会場を反対側から見ています。

 

 

 

 

大阪の夜景がここ程綺麗に見える場所は少ないと思います。

 

豪華な気分になります。 レストランで忘年会を開催できたのは

 

ラッキーでした。  関係者の皆様有難う御座います。

 

 

 

日頃、私は尼崎の方に勤務しているので、箕面のスタッフに

 

囲まれてつい、目尻が緩んでしまいました。

 

上田先生を中心に大きな輪が出来ていることを実感しています。

 

 

 

新人歯科衛生士のM嬢とのtwo shot、有難う御座います。

 

爺は幸せ者です。

 

 

恒例のゲームが始まりました。

 

 

 

与えられた本数の剣を樽に刺して、その剣の数内で人形が飛び

 

ださなければ商品GET出来ます。 これは新人歯科衛生士

 

のT嬢が挑戦しているところです。

 

 

 

飛び上がって喜んでいるN嬢です。

 

幹事の先生が素晴らしい商品を準備してくれていました。

 

 

 

宴の後、皆でパワーを注入し合っているところです。

 

戦友の伊丹の小屋先生も加わり、来年に向けて咆哮している

 

所です。  少々、引いているスタッフもいますが、まあ、

 

お許しください。

 

 

 

 

ネズミ年も精一杯前進して行きますので、宜しくお願い致し

 

ます。 気分一新、新たな門出を誓い合いました。

 

皆様方の益々のご健勝を祈念して居ります。

 

 

 

 

 

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 18:05 | comments(0) | - | pookmark |
結婚おめでとう!

 

幸せな結婚式のご報告です。 昨年12月に歯科衛生士のNさんが

 

結婚しました。 彼女の了解を得ましたのでブログでご報告

 

します。 

 

 

とても華やかで厳かな、素晴らしい挙式でした。

 

もう少し早くブログに掲載したかったのですが、前回申し上げた

 

様に、PCが故障しており、復旧に少し時間がかかりました。

 

 

結婚式は何度お招き頂いても、新鮮な嬉しさがあります。

 

 

 

私も緊張しながら、乾杯の音頭を取らせて頂きました。

 

 

子連れのスタッフと和やかな時間を過ごす事も出来ました。

 

 

 

御目出度いことは、何度あっても楽しいものです。

 

私も若い人からパワーを吸収して、若さに負けない爺道を貫

 

こうと心を新たにしました。

 

本当に御目出とうございます。  末永くお幸せに!

医療法人IDC | 思いつくままに | 21:04 | comments(0) | - | pookmark |
錦秋の京都御苑

明けましておめでとう御座います。

 

昨年秋も深まって来た頃、京都御苑を散策しました。

 

令和になって天皇皇后両陛下が京都に御幸された少し後です。

 

 

 

明治創業の近くのお蕎麦屋さんで鴨そばを頂き、少し体を暖め

 

てから訪れました。  

 

昨年は、暫くブログの更新が出来ませんでした。

 

実は2013年製のlap topが突然SDカードを認識しなくなり

 

修理依頼をしたのですが製品保守期間が過ぎたので、

 

修理は不可とのことで送り返されて来たからです。 

 

そこで、駄目元で、NETで商品情報を調べ、故障部位の

 

ドライバーを更新してみました。 すると、直りました。

 

極めて簡単なことだったので、素人の私は唖然としたと同時に、

 

これからの日本の精密機器(国内組み立てで無い物が大半)

 

分野の先行きに不安を覚えました。 

 

確かに、修理するよりは買い換えた方がある意味合理的でしょ

 

うが、品物に対する愛着とか、技術屋の意地とか、物を大切に

 

思う心とか、肝心な所に重きを置けない風潮を残念に感じ

 

ました。 

 

 

 

 

明治維新で名を馳せた、九条の宮や西園寺の宮、桂の宮邸跡

 

が御所を取り囲んでいます。

 

 

仙洞御所は参観可能ですが、他は一般には立ち入り禁止です。

 

 

 

秋の深まりの中に令和の御代の始まりを感じました。

 

 

 

私の祖父母が明治・大正・昭和、母が大正・昭和・平成と生きた

 

様に私自身も昭和・平成・令和と生きられたことを幸せだと

 

感じた1日でした。

 

 

医療法人IDC | 思いつくままに | 18:15 | comments(0) | - | pookmark |
1/33PAGES | >> |